主にラーメン こってり系からあっさり系まで

主に岩手・秋田・青森 北東北3県のラーメンのことをメインに書いていきます。40代就職氷河期世代、節約のために土日は外食あまりせず。

【盛岡三大麺】盛岡名物 『わんこそば』に初めて挑戦してみた  目指すは100杯!  東家(あずまや) 岩手県盛岡市

皆さんこんにちは!


突然だけど、『盛岡三大麺』て聞いたことある??


読んでいただいているの、東北以外の方も多いので、
『そんなの知らねえよ』という声がほとんどかと思う。


一応、今後の参考まで。
盛岡三大麺とは・・・

・冷麺
・じゃじゃ麺
・わんこそば

以上。


そのうち、今回は盛岡名物の『わんこそば』に挑戦したので紹介します。

仕事・プライベートでいろいろあり、ブログ更新がしばらく止まってしまった。。


『わんこそば』

みんな、どんなイメージある?盛岡三大麺とは言うが、はっきり言って地元の人はあまり食べない(はず)。


今回訪問した『東家 駅前店』。

ランチに訪問したこともたびたび。

そば+親子丼 カツ丼等のセットメニューが1,000円未満であるので、わんこそば目当て以外も方も
問題なく訪問できる。


オイラもたまにランチに来ることもある。

普通にランチ食べている隣または向かいで、わんこそばに挑戦している観光客さん、いっぱい見てきた。


オイラは盛岡在住10年以上だが、初めて挑戦した。
だって、最低でも税別3,000円くらいするから。
ビンボー症なので、1色1,000円以上の外食、非常に抵抗ある。
考え方によっては『そば食べ放題』なので、バイキング気分で挑戦すべし、という考えもある。



わんこそば挑戦の最低料金は2,920円から。
しかしこのコースをオーダーした場合、食べた杯数のカウントはマッチ棒。。。


お椀は下げられてしまう。

お椀下げられてしまうと、イベントとしての醍醐味は半減。


よって今回は、お椀をテーブルの上に重ねていく3,520円のコースに、オイラ含め5人が挑戦することにした。



まずは着席直後の状態。



薬味がいろいろ運ばれてくる。

盛岡のお蕎麦屋さんでは、ほぼデフォでついてくる、もみじおろし。他にもなめこおろし、とろろ、ちょっと辛い漬物。


まだある。

マグロの刺身、ゴマ、きゅうり・大根の漬物。


更に海苔、鶏そぼろ。


『何杯達成できるか?』が第一優先のオイラ、薬味入れると杯数に影響出ると思い、使わないことを決意。


決戦前に従業員さんから、いくつか説明が。

・わんこそば15杯で、かけそば1杯分
・自分のお椀にフタするまで、永遠にそばを入れ続ける
・フタをするのは、お椀に入っているそばを食べきってからでなくてはならない

さて、開始。目指せ100杯!

『はい、ど~んどん♪』『はいじゃ~んじゃん♪』


従業員さん、わんこそば独特の言い回しでそばを提供する。


従業員さんのお盆、一度に15杯分のお蕎麦が乗っている。


一人の従業員さんがオイラ含め3人に対し、順番にそばを盛っていく。

そば自体はおいしい。コシがある。

1回のお盆、15杯乗っていると書いたが、一人あたり換算だと5杯。
あっという間になくなる。


お盆が空になると再び持ってくるのだが、若干タイムラグがある。


二郎系食べる時もだが、一気に食べないと胃が膨れてくるんだよな。。。


薬味、何も使わないと決めていたが、30杯過ぎたあたりで飽きてきた。

飽きるの早すぎ。。。


まずはもみじおろしを投入。味変により、まだ食べ進めることが可能に。

50杯過ぎたあたりで、もみじおろしも飽きてきた。
辛みのある漬物を追加。食感、コリコリ。これもいい。


再度食べ進めていく。


やはりお盆にそばが無くなってから再び持ってくるまでのタイムラグ、これが一番痛い。
非常に手持無沙汰。待っている間にも、なんとな~く、徐々にハラが膨れて行っている気がする。。


3人のうち一人、100杯過ぎに一人リタイア。


オイラもかなり厳しくなってきた。味変など関係なく、ハラがヤバい。。。


もう一人は煩悩の数でやめると宣言していたが、本当に108杯でリタイア。まだ余裕ありそうなのに。


最後に一人残ってしまった。オイラもやめようと思ったが、最後の一人になってしまうと、
お椀にフタをするのが一苦労。

そば食べてフタしようとする前に、そばを盛られてしまう(涙)。


ちょっと手加減してくれた?のか、やっとのことでフタできた。

肝心の杯数は??


113杯!


将棋の駒のような証明書、100杯以上の人だけに送られる。


とりあえず100杯は達成。一人前のかけそば換算だと7.5杯。


3人で消化したお椀の残骸は圧巻。


このあと、デザートも出てきた。撮影は忘れてた。



東家さん、冒頭に述べたように、普通のメニューも出している。
別にわんこそば専門店ではないので、気になった方はカツ丼・そばセット食べながら
雰囲気だけでもどうぞ。


ランチタイム、わんこそばに挑戦している人、けっこういる。

わんこそばをやりたい場合は予約しといた方がいい。
イベントとしては面白いよ!




店舗情報まとめ
・東家(あずまや) 盛岡駅前店
・営業時間: 11:00~15:00、17:00~20:00
・席数:けっこう広いが、HP見ると、予約できない日もあるみたい
・盛岡市内に4店舗あり(本店、隣の別館、大手洗店、駅前店)
・総合受付(4店舗共通 0120-733-130)
・外観含め雰囲気感じたいなら、おススメは本店なのかなぁ


4店舗の地図






『わんこそば』はできないが、東家さんの蕎麦、楽天でも購入可能

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

そば処東家監修わんこそば
価格:540円(税込、送料別) (2019/12/8時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

そば処東家のわんこそば 3個セット
価格:1230円(税込、送料別) (2019/12/8時点)

盛岡三大麺の一つ『じゃじゃ麺』のレポ。 今でこそ盛岡市内にじゃじゃ麺屋さん増えたが、じゃじゃ麺を生み出したのは白龍(パイロン)。 harusakikai.hatenablog.com harusakikai.hatenablog.com 2019年12月15日追記 『盛岡冷麺』のレポ harusakikai.hatenablog.com それではまた!

プライバシーポリシー お問合せ