主にラーメン こってり系からあっさり系まで

主に岩手・秋田・青森 北東北3県のラーメンのことをメインに書いていきます。40代就職氷河期世代、節約のために土日は外食あまりせず。

ラヲタが娘(JC)のためにスイートポテトを作ってみた

皆さんこんにちは!


ラーメンが大好きなオイラ、子供に料理を作ることは少なくない。しかし『スイーツ系』はほとんどやらない。


だって、『オシャレ』とか『ステキ』『カワイイ』とは全くもって縁遠いものだから。
気が向くと食事以外の『おやつ』系を作ったことはある。



今回、中学に通う娘から「前作ってくれたスイートポテト食べたい」と依頼あり、

実は一年くらい前、スイートポテトを作って娘たちから好評だった。
3歩歩いたら忘れてしまうほどモノ忘れが激しいオイラ、ホントに作ったことを忘れていた。
娘からの依頼に父親は弱い。
スイートポテトに挑戦してみた。



実は規格外の細いサツマイモが安く売られていたものを買って『焼き芋』風にして食べさせていたことはたまにあった。
これは簡単で、一枚新聞紙を濡らしサツマイモをくるんで、更に新聞紙を巻いてレンジの解凍モードを使う。
ググればいっぱい出てくると思うから、気になったら一度試してほしい。



レシピ投稿は数ヶ月ぶり。

今回使用するさつまいもはこちら。

岩手県産『シルクスイート』。

出荷日11月15日で600g越え、お値段170円。専門家ではないので相場は知らないで買ったが、普通におトクだったと思う。地産地消に貢献♪


まずは皮をむいて水に浸してアクを取る。


たぶん水は二度入れ替えた。


まずはラップをしてレンチン。とりあえず600W 5分で様子を見る。


う〜ん、まだ、固そうだ。


更に600wで5分。


レンジの最中にやれることはやる。
サツマイモに混入用(タネ)と、焼いた時のテカりを出す用、のため、卵を卵黄と白身を分ける。一個目は上手くいったが、二個目は失敗。

まあ、こんなもんだ(笑)


白身は味噌汁に有効活用した。


続いて具材。砂糖(三温糖)を15g。いろんなサイト見たが、600gのサツマイモの場合、デフォだと砂糖を倍くらい入れるみたい。


今度はバター。バターも少なめに。でも絶対量多いよね。カロリーすごそう。。


そうこうしているうちに、サツマイモの準備が整った。


この数分前から、ヨメが子供会絡みで騒ぎ始めた。
いろいろオイラに聞いてくる、というかグチ?

ややスイートポテト作りに集中できない時間帯があった。

この時間帯に1つ入れるのを忘れていたモノがあったのに気付いたのは翌日、何故か取引先に向かっている最中だった。。。


さて、前述した奴等とサツマイモをドッキング。


アツアツのサツマイモ投入すると、卵黄固まっちゃうと非常に焦る。。。
急いでサツマイモ全部入れて混ぜる。


以前娘がスイーツ作成のためにダイソーで買った耐熱容器に成形して置く。

形がキタナイとか、ヘタクソとか、そこはご愛敬。


ハケで卵黄を塗る。

卵黄塗るだけで、焼く前なのに見た目が全然違う。


とりあえずグリルのオーブン機能を使い200度 5分焼いてみる。


全く変化なし。

更に200度 5分


中心付近のみいい感じになってきた。


置く位置変えて


今度は3分 200度。


さっきよりマシになったが、まだまだ。


そろそろイラついてきた(笑)
2分 260度。


いい感じになってきた。


もうちょっと。
今度は1分 280度。


出来上がり~~~♪


グリルから取り出した。

卵黄のテカリが何とも言えず、いい感じ。


一個だけ拡大してみた。


割ってみた。


感想
・甘さ:ほんのり。砂糖、デフォの半分くらいにしたからだろうね。
・食感:表面パリッ、中はホクホクで柔らかい。まずまずの出来。冷めても柔らかい。ある程度成功。


オイラは出来立て1個、冷めた後1個食べた。翌日夜には全て無くなっていたので、好評だったと思いたい。



この翌日、会社から取引先に向かっている最中、なぜか前日作成のスイートポテトのことを思い出した。

材料(タネ)に牛乳入れ忘れてた・・・


前日の料理中、ヨメがいろいろ話しかけてきたので、うっかり入れ忘れたんだな。。。
まぁ、仕方ない。
牛乳無しでスイートポテトが作れる、というのは新しい発見だったと前向きにとらえたい。

今回使った材料まとめ
・サツマイモ(岩手県産シルクスイート)約600g
・砂糖(三温糖)15g
・バター 15g
・卵黄 2個分(材料に混ぜて使用 約1.5個、表面に塗る用 0.5個)
・本当は牛乳もあった方がいいはずだが、なくてもそこそこイケた。

娘には弱い世のお父さん、たまには娘のためにスイーツ作り、いかが?


お料理のお話は8月以来だった。。。
harusakikai.hatenablog.com



それではまた!

プライバシーポリシー お問合せ