主にラーメン こってり系からあっさり系まで

主に岩手・秋田・青森 北東北3県のラーメンのことをメインに書いていきます。

かつや 本日(’20年5月7日)販売開始 「牛バラ焼きチキンカツ」をテイクアウト!

皆さんこんにちは!



GW明けで今日からお仕事の方もいるかと思う。一方で未だに在宅を余儀なくされている方もいるでしょう。



今回は、「かつや」で今日(5/7)から販売開始の「牛バラ焼きチキンカツ」をテイクアウトしてきたので、そのレポ。


かつやの期間限定メニューが好きなオイラ、前回の「タレカツ」を逃してしまった。。なので今回の「牛バラ焼きチキンカツ」は販売開始当日に食べてみた。



f:id:harusakikai:20200507193622j:plain



今回の商品は

「かつやがアレンジするご当地グルメ企画」の一環らしい。


ここから下は引用

「もしもかつやで食べるなら」を表現したメニューをお届けします。
「牛バラ焼きチキンカツ」は、青森県十和田のバラ焼きを「もしもかつやで食べるなら」こうだ!というメニューに仕上げました。
幅広な玉ねぎと牛バラ肉をにんにく香る甘いタレで炒め、ザクザクのチキンカツと合盛りに。牛と鶏を一度に味わえる食べ応え抜群な一品です。

prtimes.jp




また「牛バラ焼き」について。

標準的には牛さんのバラ肉と大量のタマネギのみを、しょうゆベースの甘辛いタレで

味をつけ、鉄板で焼く料理のことです。

昔ながらのバラ焼きはこのスタイルなのですが、現在では、タマネギのほか、

ピーマンが入っていたり、ニンジン、キャベツ、モヤシ、シメジが入っている

お店もあります。また、牛さんのほかにも、豚さんのバラ肉が使われていたり、

はたまたあるお店では馬さんのお肉のバラ焼きがあったりします。


引用:十和田バラ焼きゼミナール
十和田バラ焼きって?

ちなみに「十和田バラ焼き」、2014年 福島県郡山市で開催された第9回B1グランプリで「ゴールド」を受賞している。




B級グルメで有名な十和田市のバラ焼きを「もしもかつやで食べるなら」こうだ!という味に仕上げてあるとのことで、当然同じものでなくていいと、オイラは思う。




お店で提供されるイメージ(丼)

牛バラ焼きチキンカツ丼 590円(税別)
f:id:harusakikai:20200507200232j:plain



テイクアウトのおかずのみのイメージ

牛バラ焼きチキンカツ単品 490円(税別)
f:id:harusakikai:20200507200351j:plain






実際のテイクアウトしてきたものがコチラ


ん???お祭りとかで出店している「屋台の焼きそば」で提供されそうな器。。。



世の中、テイクアウト祭り中。容器不足なんだろうね。


でもかなりびっくりした。


背景が黒(我が家のテーブル)なので、見た目損しているのかもしれない。。





さて、開封。




チキンカツの厚さ

ピンボケしてます。すいません。。。




チキンカツ、牛バラ、タマネギ、キャベ千をそれぞれ分けてみた。


チキンカツは4切れあった。1切れ消費してからの撮ったので3切れしかない。


タマネギ苦手なオイラ、ヨメにタマネギを差し上げた。けっこう食感残っているとのこと。


見た感じ、牛バラ:タマネギ、6:4といったところか。





再度チキンカツの厚さ






感想:


・チキンカツ:肉厚、やや薄めに思えなくもない。ソースは甘め。


・バラ焼き:こちらのソースも甘め。普通に薄めの牛バラ。「牛肉食べている」という感覚はある。大きさはモノによってまちまち。


・ご飯なしの単品の場合、490円(税別)。税込500円以上から使える永久機関の100円引き券も利用可。ということで390円(税別)でこれを購入可能。


・チキンカツ、バラ焼きともに甘くて濃いめの味付け、よって大きめのお茶碗で2膳、余裕でいけた。


・これで100円引き券使って税別390円、大食いさんにはかなりおトク。







一言コメント:

・青森県の三八上北エリア在住の方、バラ焼きに関して異論反論あるかもしれない。「十和田バラ焼き」の訴求もしているので宣伝と思って大きな目で見ていただきたい。


・器にびっくりした。しかし食べる上で何ら問題ない。でも本当にびっくりした。


・一応この食レポ、誰かの役に立っていると思いたい。。。




ごちそうさまでした。




テイクアウト用の袋



一応、過去の「かつや」の期間限定メニューの記事。
harusakikai.hatenablog.com

harusakikai.hatenablog.com

harusakikai.hatenablog.com

harusakikai.hatenablog.com





「かつや」には、さらにヘンテコリンなメニューを期待している。




それではまた!

プライバシーポリシー お問合せ