主にラーメン こってり系からあっさり系まで

主に岩手・秋田・青森 北東北3県のラーメンのことをメインに書いていきます。

稲庭中華そば 秋田本店 29(ニク)の日限定「極厚肉盛り中華そば」!(’20年8月オープン) 秋田県秋田市

皆さんこんにちは!




この日は「稲庭中華そば 秋田本店」さんを訪問。

こちら、秋田が誇る日本三大うどんの一つ、稲庭うどん。そのメーカーの一社である「佐藤養悦本舗」さんが秋田市内にオープンさせたお店。





たまにランチをご一緒させていただく取引先さんからラーメン屋さんの新店がオープンしたので、いかが?とのお誘い。


お~~!知らなかった!!


はい!喜んで!!!





で、この日の注文。

極厚肉盛り中華そば 1,500円!

本日29(ニク)の日、10食限定。




この看板見たら、「たまにはいいかな」という気分になってしまった。。
f:id:harusakikai:20201031121459j:plain




早めのランチだと、「限定〇〇食」にありつける機会あるのがいい!






到着
f:id:harusakikai:20201030223159j:plain

肉はラーメンに載せることも可能。オイラは別皿にしていただいた。



ベースは定番メニューの「稲庭中華そば」1,000円。





「そば」アップ
f:id:harusakikai:20201030223231j:plain

非常にお上品な見た目♪





ニク、アップ
f:id:harusakikai:20201030223205j:plain

ニクニクしいぞ!




そばに入っているチャーシュー、露出してみた。
f:id:harusakikai:20201030223202j:plain

薄くて面積広めの豚が2枚、鶏が5個以上かな。






麺リフト
f:id:harusakikai:20201030223210j:plain

まさに稲庭うどん。





f:id:harusakikai:20201030223217j:plain

プリっとしていたのでモモだろう。




なめこ類
f:id:harusakikai:20201030223220j:plain

ネバネバ系のきのこが入っている。




「極厚肉」の厚さ
f:id:harusakikai:20201030223213j:plain

1㎝くらいといったところかな。




スープ
f:id:harusakikai:20201030223223j:plain

鶏のアブラがいっぱい。某情報誌によると、やっぱり比内地鶏のガラ。

しつこくなくて飲みやすい。アブラいっぱいなのに、上品に感じるスープ。





横からのシルエット
f:id:harusakikai:20201030223237j:plain





再度、ニク
f:id:harusakikai:20201030223228j:plain

決して柔らかくはない。

「ニクを噛む」、「喰らいつく」という言葉がぴったりの歯応え。





ごちそうさまでした。
f:id:harusakikai:20201030223234j:plain




卓上調味料
f:id:harusakikai:20201030223241j:plain

シンプル。



●スープ:

比内地鶏アブラいっぱいなのに、上品に感じる。魚介系も感じられる。気持ち塩分は多めな気もするが醤油感は強くない。


●麺:

稲庭うどんの製法で作られた麺。ツルツル・モチモチのストレート。表面ヤワっと、それでいてややコシを感じる。稲庭うどん同様、のど越しもツルっとすっきり。


●具:

豚2枚、鶏5個くらい、姫竹、なめこ、ネギ。豚は低温調理っぽい薄切りのロースっぽい。鶏はプリプリのモモ。








お水と「べにふうき茶」
f:id:harusakikai:20201030223309j:plain

「べにふうき茶」とは?

アレルギーを抑制する可能性があるメチル化カテキンを豊富に含み[2]、緑茶として飲用することによって同カテキンを多く摂取できるとされ、商品化されている。
べにふうき - Wikipedia

引用:Wikipedia





メニュー
f:id:harusakikai:20201030223333j:plain

稲庭うどんは職人による手作り。またあえて乾燥させるため完成品になるまでに時間がかかる。

それを再度茹でるので、注文してから食べるまでも時間がかかる。





メニュー②
f:id:harusakikai:20201030223345j:plain

写真撮らなかったけど、券売機横にいろいろなお土産品も販売中。公式FBに写真あった。





メニュー③
f:id:harusakikai:20201030223341j:plain

文字だけではピンとこないかもしれないけど。。





メニュー④
f:id:harusakikai:20201030223348j:plain

ようやく本当のメニュー。

「塩」は秋田名物の「しょっつる」を使っているみたい。




また「三関のセリ中華そば」:「三関」の読みは「みつせき」。これは秋田県湯沢市の地名。

岩手県一関市にも「三関」という地名がある。こちらの読みは「さんのせき」。

ホント、ど~でもいい知識。





メニュー⑤
f:id:harusakikai:20201030223326j:plain

夜のメニュー。なんか、こっちのチャーシュー麺が1,000円でおトクに感じてしまうのはオイラだけだろうか。。。






メニュー⑥
f:id:harusakikai:20201030223330j:plain

稲庭うどんもある。




メニュー⑦
f:id:harusakikai:20201030223336j:plain

飲み物メニュー。




券売機
f:id:harusakikai:20201030223353j:plain

万札も使える。







【店舗情報まとめ】

・住所:〒010-0001 秋田県秋田市中通6丁目19−8
・営業時間:11:00~14:30、18:00~21:3017:00~0:00

※’20年11月27日追記。たまたま公式FB見たら営業時間変更のお知らせが出ていた。

・定休日:月曜日、第4火曜日 ※祝日の場合、休日明けの平日に振替

※公式FBから引用

・席数:カウンター少々、座敷多数 ※2階に案内されていた人もいた。

※座敷は掘りごたつ式。

・精算:券売機 現金のみ
・駐車場:5台(店の前2台、他に3台)※下の写真参照


地図





駐車場案内
f:id:harusakikai:20201030223411j:plain




手書き駐車場案内と営業時間
f:id:harusakikai:20201030223401j:plain

店舗裏の3台停められる駐車場、坂が急な所に停める。オイラは食後クルマを出庫させる際、バンパーの下をこすらないように気を付けた。




駐車場はこの看板出ている。
f:id:harusakikai:20201030223405j:plain











入店時のアルコール消毒とマスクを入れる袋
f:id:harusakikai:20201030223414j:plain



お店の前
f:id:harusakikai:20201030223408j:plain



拡大
f:id:harusakikai:20201031121459j:plain




おいしい通い方
f:id:harusakikai:20201031121648j:plain

「稲庭中華そば」なので略して「稲中」。。




メニュー詳細
f:id:harusakikai:20201031121814j:plain

「無添加」!




券売機購入後のレシート
f:id:harusakikai:20201031121818j:plain




食後、お店を出るときに撮影した写真。
f:id:harusakikai:20201030223357j:plain

オイラ入店時にあった「限定10食」の案内は撤去されていた。





一言コメント:



・最新情報は公式FBで都度更新している。オイラがいただいた「極厚肉盛り中華そば」も前日にはアップされていた。



・従業員さんの接客、かなりハイレベル。



・29(ニク)の日のメニュー、10月に初めて実施したとのこと。11月以降の実施予定は、今のところ不明だって。



・ゆったり落ち着いて食べられる。なんとなく客層も、それなりの人が多いように感じた。



・麺の量は多くはない。大食いさんは大盛り必須。



・なるべくランチ代を1,000円以内に抑えたいオイラ、たまには贅沢もする(キリッ!)。こういうお店、栄えて欲しいなぁ。。



・食後の舌に残るピリピリ感。別皿のニクの下味かな?



・佐藤養悦本舗さんの稲庭中華そば(無添加)の通販、公式HPにもあったけど楽天にも載っていたので一応載せておく。










関係ないけど「稲中」でオイラが思い出すのは「行け!稲中卓球部」。

超絶お下品だけど、大爆笑しながら読んでいた。今は文庫本も出ているんだね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

行け!稲中卓球部(1) (講談社漫画文庫) [ 古谷実 ]
価格:759円(税込、送料無料) (2020/10/31時点)



「〇ね〇ね団」思い出した(笑)








それではまた!

プライバシーポリシー お問合せ