主にラーメン こってり系からあっさり系まで

主に岩手・秋田・青森 北東北3県のラーメンのことをメインに書いていきます。

『麺や みなと』「特製煮干しそば+和え玉」’21年12月オープン 秋田県秋田市手形山崎町






皆さんこんにちは!





ある日の夜、ホテルで何となくスマホいじっていた。そうしたら秋田市内にこの日(12月21日)オープンのラーメン屋さんを発見!



翌日行けるぞ!




ということで、この日は秋田市手形の通称「手形ラーメンストリート」にある「麺や みなと」さんを訪問。


たまたまオープン2日目に訪問することができた🙌




秋田市民ではないが、月に数回は通る道。



公式インスタ拝見すると「居酒屋ひげだるま」さんの場所に同じ店主様が業態変更してラーメン屋さんとしてオープンさせたらしい。


たまに通っていたはずだが、改装工事していたことに気づかなかった。








店舗の外にもメニューがあるが、店内のメニューを1枚だけ最初に掲載。

後半にメニュー写真を拡大して掲載しているので、詳細はそちら参照。







一番のウリは「鶏」らしい。










この日の注文。



特製煮干しそば 980円

和え玉 200円


※この日は地鶏オンリーより、煮干し+鶏白湯の方に魅かれた。また「特製」のネーミングが付いていて1,000円未満だったので注文しちゃった😊




精算は入店後すぐ。精算してから着席。


タイミング的にオイラは一人なのに四人掛けテーブルに座ることになった。行列が出来ている中、非常に申し訳ない。。




シャレたBGMの店内で、しばし待つ。オシャレとは対極にあるオイラ、シャレたBGMのジャンルは全く分からない( ̄▽ ̄;)





着丼

具に隠れて麺が見えない。


豚ロース系の低温調理チャーシューが2枚。面積広め。


他に刻みムラサキタマネギ、ネギ、味玉。




具をずらす。

メンマが露出。けっこう入っている。





●スープ:

煮干し香る♪♫

味は最初に煮干し、その直後にトロっ~と鶏白湯を感じる。ややザラっとした舌ざわり。煮干し独特のクセ(エグミ?)もある。


まさに煮干し+鶏白湯😋


スープを飲み進めていくと、個人的には塩分が蓄積してくる。







●麺:

よく見るとツブが練り込んである。たぶん全粒粉入りの細麺。

食べるとパッツン系の食感。


スープとの相性も( ・∀・)イイ!!





メンマ

けっこう入っている。







チャーシュー

たぶんロースだと思うが、低温調理。






和え玉到着

けっこう早いご到着( ̄▽ ̄;)


まだ半分も食べ進んでいない。。オイラがチンタラ、写真撮りながら食べているからかも。





全景

まずは急いでラーメン食べないと!





と言いながら味玉。

あっさり和風出汁の半熟。スープの塩分濃度よりあっさりしている。


とりあえず煮干しそば完食!









ようやく和え玉だ!

コロチャーシュー、ネギ、刻みタマネギ、煮干し粉


平べったいお皿での提供。ちょっとオシャレな感じ。





タレ

醤油ベース。





まずは「まぜそば風」。






和え玉の麺

「煮干しそば」と同じ麺だと思うが、こっちの方がパツパツ感強め。

スープに入っていないからかも。


こちらは「煮干しそば」以上に煮干し感が満載🥰

塩分濃度も強め。




ちょっと麺が冷め気味。和え玉の提供タイミング、こっちから指定できないかな。。。






ラーメンのチャーシュー

バラのチャーシューが隠れていた😲





和え玉、スープに投入。

麺リフトしていなけど、和え玉の硬さの麺とスープの方が合うような気がする(個人的に)。






スープ

和え玉のタレが混ざり、けっこうな塩分濃度に。。





ごちそうさまでした。


・「煮干しそば」の場合「和え玉」はスープに投入せず、そのまま「まぜそば風」のみでいただく方がいいかもしれないと感じた。


オイラの一つ後ろの客は、まだ食べている最中。とりあえず先に食べ終えて良かった😄











卓上調味料はコショウのみ。








店の外にあるメニュー




左側拡大

地鶏そば:

比内地鶏、由利本荘フランス鴨、山水地鶏を「水のみ」で炊いたスープ。



煮干しそば:

比内地鶏、由利本荘フランス鴨、山水地鶏の白湯スープと2種類の煮干し、香味野菜で炊いたスープ。



真ん中拡大

和え玉


煮干し香る和え玉



右側拡大

公式SNSはインスタとTwitter。





「こだわり」部分拡大

・自家製麺


・化学調味料不使用

オイラが思ったこと。「煮干しそば」の塩分濃度は煮干し由来なのかな🤔







店内、カウンターの上にあるメニュー

店外メニューにはなかった「鶏油そば」もコチラには掲載されている。








精算は入店してすぐ。








【店舗情報まとめ】

●住所:〒010-0854 秋田県秋田市手形山崎町9−37
●営業時間:月曜日(引用:インスタ)
●定休日:11:00~15:00(他に22年2月から朝営業開始)
●席数:カウンター 8、4人掛けテーブル 2
●精算:前払い(入店直後、着席前) 現金のみ
●駐車場:4台



地図




駐車可能な場所

店主様:この写真、かなり重要なので勝手にインスタから拝借しました。無断転載不可の場合、ご連絡いただければ写真削除します。








駐車場はお店の隣のここに4台。





営業時間

・朝営業は2022年2月から。

・「化学調味料不使用」の記載。






行列

オイラは11:00オープンの15分くらい前に到着。オープンまで車内でPC使って仕事していたら、いつの間にか10人くらい並んでいた。。。


そうだよね、このエリアだと歩いてくる人も少なくないよね。。







外観








一言コメント:



・最新情報は公式インスタ、Twitter参照。Twitterはインスタのリンク張ってある場合が多いので、メインはインスタ。



・駐車場がないラーメン屋さんも少なくない「手形ラーメンストリート」。駐車場あるのがありがたい😄



・舌に残るピリピリ感はタマネギか?



・一番のウリであるはずの「地鶏そば」をいただいていない。「和え玉」は煮干しなので、もしかすると「地鶏そば+和え玉」が味変でベストマッチなのかもしれない。また味玉、単品(別皿)でいただけば出汁を感じて更に美味しいと思う。「特製煮干し」だと、もしかしたらスープの強さで味玉の出汁を感じない人がいるかもしれない。オイラは次回訪問時「地鶏そば+和え玉」だ( ̄ー ̄)ニヤリ



・ノーマル「煮干しそば」と「特製」の料金差は200円。他の方の写真を見るとノーマルは低温調理と豚バラチャーシューが各1枚。追加200円で味玉と2種類のチャーシューが各1枚追加されることになる。やはり「特製」はおトク♪♫



・「和え玉」提供のタイミング、客側が希望するタイミングにしていただきたいと思うが、オープン間もないので、オペレーションこなすだけで大変だと思う。そのうち検討いただけば幸甚に存じます🙇



・「煮干し+鶏白湯」と言えばオイラが真っ先に思いつくのは青森県藤崎町のラーメン屋さん。そちらと比較すると「麺や みなと」さんのスープの方が鶏・煮干しともにあっさりめに感じた(一般的なラーメン屋さんよりは絶対的に濃い)。あっちは「マニア向け」と謳っているので当然か。。塩分はこっちの方が強め。












それではまた!

プライバシーポリシー お問合せ