主にラーメン こってり系からあっさり系まで

主に岩手・秋田・青森 北東北3県のラーメンのことをメインに書いていきます。

『三松堂』「イチゴわらびもち」'22年1月18日(火)販売開始 秋田県秋田市中通






皆さんこんにちは!






今回は珍しくスイーツのご紹介。





それは秋田市中通の「三松堂(さんしょうどう)」さんの「イチゴわらびもち」。



オイラがいただいたのは去年2021年の3月下旬。


スイーツに関しては、全くと言っていいほど知らない。当然「三松堂」さんも存じ上げなかった。




ではなぜ今回「三松堂」さんの紹介をするか?


よくランチをご一緒する取引先さんからいただいた+期間限定で「イチゴわらびもち」」を提供するから。





2022年の販売開始時期は1月18日(火)から。

既に1月13日から予約は開始されている




手作りのため、1日200個限定販売。また、調べたら2017年2月に「嵐にしやがれ」で紹介されていた。





まずはパッケージ。





この包み紙、オイラ気に入った。





原材料など。

記載はないが、「保存料を使っていないため消費期限は3日」。

※引用:公式HP






箱を開ける。







可愛らしい容器。

以前「ポケモンgo」をやっていた時に知った「ディグダ」を思い出した。







ケース取って接写。


表面の緑色の粉は「青大豆きなこ」。

表面を全て覆っているが、写真見ると一部青大豆きなこが崩れてしまったみたいだ。。







フォークでテッペンを取る。

我ながら残念な切り方だ。。。


包丁で切ればよかった。。


「オシャレ」を知らないオイラ、ティッシュの上に置く( ̄▽ ̄;)







食べ進める。

いちごは3Lサイズのとちおとめ。


そのデカいとちおとめが、本物のわらび餅とこしあんに包まれ、表面を青大豆きなこが覆うスタイル。


わらび餅とこしあんの厚さは薄め。









大きさの比較をしていないが、とにかく「いちご」がデカい。


青大豆きなこ、わらび餅、こしあんの甘さは全て控えめ。


主役はいちごのほのかな酸味としっかりした自然な甘さ。他は脇役でいちごの美味しさを引き立てているように感じた。







【店舗情報まとめ】

●住所:〒010-0001 秋田県秋田市中通5丁目7−8
●営業時間:8:30~18:00
●定休日:日曜日、祝日
●席数:なし テイクアウトのみ
●精算:後払い
●駐車場:なし






地図






名刺

2021年3月末にゲットした。営業時間など、ちょっと情報が古い可能性あり。






手作り、無添加のため日持ちしない。






外観






三松堂さんの公式Youtubeで「イチゴわらびもち」を紹介している動画ある。
www.youtube.com

30秒で見られる。コレ見るのが最も分かりやすいかも。






一言コメント:



・公式HP以外にインスタ・Twitterで情報発信中。但し本日(1月15日)時点、「イチゴわらびもち」の情報は発信していない。



・とちおとめが旬の時期のみの販売。去年(2021年)は4月上旬で終了。取引先さんの話だと「イチゴわらびもち」は人気商品らしい。気になっていた方はお早めに!



・JR秋田駅ビル「トピコ」内にも店舗がある。そちらは年中無休で20時まで営業しているので、本店行きやすいかも。



・通販もやっている。購入は公式HPから。

www.wagashi-otoriyose.jp








それではまた!

プライバシーポリシー お問合せ