主にラーメン こってり系からあっさり系まで

主に岩手・秋田・青森 北東北3県のラーメンのことをメインに書いていきます。40代就職氷河期世代、節約のために土日は外食あまりせず。

拉麺 一文路(いちもんじ)② ※二郎系専門店 青森県弘前市

皆さんこんにちは!





この日は約一年ぶりに青森県弘前市の「拉麺 一文路(いちもんじ)」さんを訪問。


行きたいと思いながら、駐車場と営業時間の関係で店の前を通ることはあっても、なかなか訪問できなかった。営業終了まで30分を切った頃、駐車場も空いている。ようやく訪問できた!




二郎インスパイア専門店で有名な「拉麺 一文路(いちもんじ)」さん、昨年9月に訪問したオイラのブログが検索上位に来ているんだよね。。ありがたいけど、大した記事でもないのに申し訳ない気持ち。。







この日の注文。。


チャーシューメン 830円

※「コール」なし。




着丼
f:id:harusakikai:20200917001838j:plain




角度をちょっと変える。
f:id:harusakikai:20200917001821j:plain

ブタさんの下のスープ、アブラがいっぱい見える♪






天地返し
f:id:harusakikai:20200917001842j:plain

極太麺のお出ましだ!!






ブタの厚さ
f:id:harusakikai:20200917001835j:plain

薄めだが味はしっかり、歯応えはあるものの、噛み切りやすい。




麺リフト
f:id:harusakikai:20200917001817j:plain

噛めば噛むほどに小麦の風味が感じられる麺。コシは強め。





ブタ、切れ端っぽいものもついてきた。
f:id:harusakikai:20200917001814j:plain

チャーシュー麺にすると、切れ端もサービスで付いてくるのかな??






スープ
f:id:harusakikai:20200917001825j:plain

レンゲの縁を見ると、当然アブラの膜が張っているようにも見える。けっこうな量。

見た目ほど塩分・醤油の濃さは感じない。香味野菜をいっぱい煮込んだような自然な甘さが感じられる。





アブラ
f:id:harusakikai:20200917001849j:plain

アブラの塊もいっぱい入っている。





卓上トッピングの刻みタマネギ
f:id:harusakikai:20200917001846j:plain

か、辛い。。タマネギ好きな方はどうぞ。




これまた卓上トッピングの豆板醤
f:id:harusakikai:20200917001853j:plain

塩分強めで、豆板醤の辛さ。




再度、ブタの厚さ
f:id:harusakikai:20200917001832j:plain

5ミリくらいかな?

あまり「ブタ増し」をすることがないオイラ、最後まで「ブタ」が残った。





完食
f:id:harusakikai:20200917001828j:plain







●スープ:

一言で言うと、美味しい♪

ヤサイの旨み、甘みかな?がいっぱい入っているように感じられるスープ。塩分、一般的なラーメン屋さんよりは多いだろうが、あまり強く感じない。ほどよく効いている。醤油もそこまで濃くない。なので二郎系なのにスープをけっこう飲んでしまう。。




●麺:

平打ちの極太麺。ワシワシ。噛むほどに小麦を感じられる。食べる人を選ぶ麺。昔ながら中華そばが好きな方には厳しい。



●具:

モヤシ、ブタ。キャベツはあったっけ??モヤシ、ややクタり気味とも言えなくないが、シャキッとした食感あり。また、アブラは具とスープのどっちなんだろう??アブラがトロっとしていて、これもスープと一緒にいただくと相性いい。ブタは4枚。昨年訪問時の「ラーメン」は2枚。100円アップして「チャーシュー麺」にするとブタが2枚追加される。「チャーシュー麺」だからなのか、チャーシューの切れ端なども付いてきた。何かに漬けていたような味、若干の噛み応え、しかし簡単に噛み切れる。







卓上調味料①
f:id:harusakikai:20200917001856j:plain

刻みタマネギ、ニンニク。




卓上調味料②
f:id:harusakikai:20200917001859j:plain

酢、一味、ホワイトペッパー、ブラックペッパー、ラー油、醤油、豆板醤。


実に様々なカスタマイズが可能。





券売機(メニュー)
f:id:harusakikai:20200917001912j:plain

2回撮ったけど、うまく取れなかった(涙)


非常にシンプル。

ラーメン 730円
ラーメン大 830円

チャーシュー麺 830円
チャーシュー麺大 930円

まぜそば 800円
まぜそば大 900円

チャーシューまぜそば 900円
チャーシューまぜそば大 1,000円




そういえば前回訪問時とお値段に変更なかったので、前回の写真を流用。
f:id:harusakikai:20200405163525j:plain





【店舗情報まとめ】

・住所:〒036-8091 青森県弘前市大字高崎2丁目4−3
・営業時間:11:00~14:00(※スープ切れ早仕舞いあり)
・定休日:土日祝
・席数:カウンター 6、待ち席 3
・精算:券売機 現金のみ
・駐車場:店の前 4台くらい









地図













店舗入口
f:id:harusakikai:20200917001938j:plain

入った時は当然「営業中」




退店時は「スープ切れ終了」
f:id:harusakikai:20200917001931j:plain





外観
f:id:harusakikai:20200917001928j:plain






一言コメント:



・いわゆる「コール」、食券渡す際に言うみたい。但しニンニクは卓上にあるので言う必要なし。



・今回、オイラがラストの客、他に客が誰もいない状況、店主様と少しお話しさせていただいた。以前は夜営業もしていたが、体壊して昼営業のみにした。



・店主様のブログ、休日情報を発信中。たまに臨時休業あるので訪問前の参考になる。
弘前市 ラーメン一文路(いちもんじ)



・食べログでは夜営業していることになっているので、要注意。



・残念ながらこの日は食後、顧客との打ち合わせが控えており、ニンニクを入れられなかった。



・ワンオペ。



・「直系」の味に近くないと「二郎インスパイア」と認めないジロリアンさんは来ない方がいい。「直系」だけ行っといて。Googleの一部口コミ見ていたら言わずにはいられなかった。。



・二郎系の気分で行って「一文路」さんが閉まっていたらガッカリするだろう。その時はすぐそばに「弐代目にぼshin. 高崎店」さんがある。ウリは煮干し✛豚骨の「つけ麺」だが、二郎系も提供している。


距離は65メートル。



その時の訪問レポ。
harusakikai.hatenablog.com







前回訪問レポ
harusakikai.hatenablog.com







それではまた!

プライバシーポリシー お問合せ