主にラーメン こってり系からあっさり系まで

主に岩手・秋田・青森 北東北3県のラーメンのことをメインに書いていきます。

鶏白湯らーめん ふくちゃん ※7月オープンの新店! ランチ限定、ライス無料 岩手県盛岡市

2021年5月3日更新

最新訪問レポ

harusakikai.hatenablog.com




2021年2月10日更新

最新訪問レポ


harusakikai.hatenablog.com

 ↑

更新ここまで。








皆さんこんにちは!





オイラにしては珍しく、この日は盛岡市大通(中心部)の「鶏白湯らーめん ふくちゃん」さんへ。




理由は簡単、美味しそうだったから♪





オイラ、昼も夜も賑やかな通エリアはまず行くことがない。最近行ったのはムスコと映画を見た時。その前となると思い出せないくらい。


在宅勤務がメインとは言え、事務所が盛岡駅近くにあり、たまに盛岡駅付近に行っているオイラでもそんな状況。




こちら、今年(’20年)の7月にオープンした新しいお店。コロナ拡大中の逆境の中、あえてオープンさせたというのは恐れ入る。








ということでこの日の注文。


鶏白湯らーめん 700円

ライス ライチタイム無料




着丼
f:id:harusakikai:20201006181557j:plain



挽肉、いっぱい。
f:id:harusakikai:20201006181626j:plain



ライス到着。
f:id:harusakikai:20201006181651j:plain

※店内設置のライトの角度で、どうしても影が出来てしまう。。

ライスだけ見ると、「ふ~~ん、このライス無料なんだ」くらいにしか見えないけど。








全景
f:id:harusakikai:20201006181640j:plain

丼飯でした!!



無料でこの量のライスが来たので、更にテンション上がる♪






スープ
f:id:harusakikai:20201006181629j:plain

レンゲの縁に透明なアブラ分。豚骨のような匂いはない。





麺リフト
f:id:harusakikai:20201006181654j:plain

「ふくちゃん」さんの鶏白湯は博多豚骨と同じようなストレート細麺。


当然「バリカタ」!



麺が粘度高めのスープを引っ張る。写真ではちょっと分かり辛いかも。







ゴマ
f:id:harusakikai:20201006181603j:plain

博多豚骨同様、卓上調味料にゴマがある。ゴマ好きなオイラ、大量投入。








この濃度と無料ライス、ベストマッチなトッピングがあった!!










ということで、

海苔 100円

f:id:harusakikai:20201006181647j:plain




海苔4枚とネギが付いて100円。
f:id:harusakikai:20201006181600j:plain

ネギもついているので、大きめの海苔が1枚25円以下。

おトク♪





海苔、浸す。
f:id:harusakikai:20201006181637j:plain




海苔オンザライス
f:id:harusakikai:20201006181551j:plain




ロールライス
f:id:harusakikai:20201006181614j:plain

鶏白湯のトロっとスープと海苔・ライスの相性はバツグン!!





やっぱり海苔4枚もあるといい。
f:id:harusakikai:20201006181618j:plain

まだ2枚も残っている。







続いて。

替玉 120円

f:id:harusakikai:20201006181607j:plain

バリカタで♪

待っている間にゴマ、追加投入。


従業員のお姉様に味薄くなってきたら卓上のボトルでスープの味を調整するよう言われる。





替玉後は味変必須!
f:id:harusakikai:20201006181554j:plain

これがオイラの流儀(キリッ!

こちら、卓上調味料にニンニクはない。代わりにショウガがある。





麺リフト2回目。
f:id:harusakikai:20201006181622j:plain

ショウガ投入でピリッと爽やかに引き締まった味に。


と、、ヤバい、スープが少なくなってきた。




そんなにスープ飲んだかな??


・海苔を浸した。

・麺にスープがかなり引っ張りついてくる。


まあ、このあたりが原因だろう。







シメのおぢや。
f:id:harusakikai:20201006181643j:plain

このあたりで、ちょっとスープが薄くなってきたような気がした。卓上の追いスープも可能だったが、オイラは。。。






今回、卓上調味料の一つ、「カレー粉」を入れてみた。
f:id:harusakikai:20201006181610j:plain

店内POPにも書いてあったし。


カレー粉、入れすぎ注意。オイラが入れたのはこの程度の量。カレー粉、粉末というより「ツブ」。振ってもあまり出てこないから調子乗ってけっこう入れた。といっても写真くらいの量。これでもけっこうスパイシーさと塩分を感じた。つか、けっこう塩分を強く感じた。





ごちそうさまでした。
f:id:harusakikai:20201006181632j:plain





●スープ:

・「ふくちゃん」さんの鶏白湯はトロっと系。勝手にオイラがネーミングした「ドロっと指数」、3.5~4くらい。ちなみにMAXの5は雫石町の「麺屋 隹(ふるとり)」さんの「こってり」。勝手に数値化しているので異論・反論は認める。「まあ、そんなものかな」「分かる~」「違うだろォォ~~このハゲ!」的に若干参考にしていただければと思う。

・クセのないっトロっとスープ。当然苦手な人はいる。でも博多豚骨より訪問の間口は広いだろう。オイラは好き。



●麺:

博多豚骨バリの極細、ストレート麺。麺の硬さ、選べる。


●具:

万能ネギ、長ネギ、キクラゲ。キクラゲ、けっこう気前よく盛られている感じがした。





卓上調味料
f:id:harusakikai:20201006181707j:plain

手前左のボトルが替玉時の味調整用スープ。




水ではなく麦茶。
f:id:harusakikai:20201006181657j:plain

この辺の心遣いは嬉しい♪





メニュー
f:id:harusakikai:20201006181701j:plain

デフォは「鶏白湯らーめん」で「塩」。「しょうゆ」が新登場みたい。




また、隣のメニューには「ランチ限定 ライス無料」のPOPが。
f:id:harusakikai:20201006181704j:plain





【店舗情報まとめ】

・住所:〒020-0022 岩手県盛岡市大通2丁目3−7 CT33ビル 1F
・営業時間:11:30~14:00、18:00~4:00、祝前日営業
・定休日:日曜日(祝前日を除く)

※公式Twitterから引用。臨時休業等は公式Twitter参照。

・席数:壁向きカウンター 6、カウンター 3 だったと思う。
・精算:後払い、現金とPayPay
・駐車場:なし




地図







店内のレトロな装飾物。
f:id:harusakikai:20201006181710j:plain

これは撮影の許可をいただいて撮った。





写真右上拡大


店主様は盛岡一高のご出身か??
f:id:harusakikai:20201010115416j:plain

しかも応援団????


ちょっと気になって調べてみたら、岩手日報Web版、8月3日の記事で店主様のインタビュー見つけた。


・元岩手一高応援団。

・コロナの影響でイベント等が中止になる中、「夜の店もにぎわいがなければさみしいまちになる」と異業種からの転職。


直リン不可なので、気になった人は検索してみて!





また県外出身者であるオイラが知っている岩手一高。


・岩手県トップの進学校。オイラの会社にいる岩手一高出身者、一橋大学卒。やっぱりアタマいい学校なのは間違いない。オイラには到底ムリ。優秀なその彼は全国を転々。盛岡勤務歴はない。


・応援団、硬派(死後か??)。以前、岩手ローカルTVで見たことある。寒冷地の盛岡なのに真冬も下駄だとか。













外観
f:id:harusakikai:20201006181714j:plain









一言コメント:



・正式店舗名を記入するの、悩んだ。暖簾は「らーめん 鶏白湯 ふくちゃん」。公式Twitterは「鶏白湯らーめん ふくちゃん」。らーめんと鶏白湯、どっちが前に来るかの違いだけなんだけど。。オイラは公式Twitterと同じ表記にした。



・ランチタイムの無料ライス、ホント驚いた。丼で出てくるとは!また立地条件考えると、この鶏白湯と具材で単品700円は安い。たぶんテナント料、盛岡にしてはかなり高いはず。



・鶏白湯ラーメン+ライス✛海苔、最強トリオ。替玉も注文、ほとんど炭水化物で腹パンパン(笑)



・シメのラーメン+利益率の高いおつまみ出して、酔っ払いさんから客単価アップを狙ってください。



・店内の装飾物もレトロだが、店内のBGMもレトロ。装飾物とBGMの時代感は違うがレトロな雰囲気を感じるにはいいと思う。オイラがいた間に流れていた曲。「安全地帯 碧い瞳のエリス」、「うしろゆびさされ組(ハイスクール奇面組の主題歌)」、「菊池桃子 もう会えないかもしれない」。昭和生まれのオッサンのオイラ、なかなかレトロに浸った。平成生まれには分からないだろう(笑)



・コロナ禍という逆境の中オープン。しかもオイラ好み。1,000円未満で大満足。なかなか訪問する機会はないかもしれないが、食べて応援していきたい。







岩手ではないけど、鶏白湯+博多豚骨並の細麺を提供する店舗
harusakikai.hatenablog.com

※店主様:

・全部載せで1,000円オーバーのメニューを出すのも経営としてはアリかと思います。チャーシュー丼入れたら1,000円超えますが。。

・オイラの同僚、たまにしかラーメン食べないけど、一緒に行くと合計1,000円超えても気にしない。本人曰く、たまに食べるラーメンだから金額気にせず、美味しく満足できるように食べたいとのこと。こういう客層、一定数います。ましてや「大通」。日中はカネ落とすためにフラフラしている人もいそうだし。。

・エラそーなこと言ってすいません。あのクオリティ、立地で700円。客としてはありがたいですが、ずっとやっていただくために、思ったこと書いてみました。※炎上しかけたらこの部分削除します。







それではまた!

プライバシーポリシー お問合せ