主にラーメン こってり系からあっさり系まで

主に岩手・秋田・青森 北東北3県のラーメンのことをメインに書いていきます。

『めん処 きよ洲』⑮「芳醇貝汁ぶたらぁめん(塩)+チーズリゾット」※グランドメニュー リニューアル (オープン1年!)岩手県盛岡市三本柳

皆さんこんにちは!






この日は盛岡市三本柳の「めん処 きよ洲」さんを訪問。




東京都葛飾区新小岩の超名店「麺屋一燈」グループさんで経験を積んで、「めん処 きよ洲」として盛岡市三本柳にオープンしたのは2021年4月10日。



今回オイラの訪問日は2022年4月10日。ちょうど一年♪♫




1周年おめでとうございます🎊🎉





3月下旬あたりに看板メニューの「芳醇ぶたらぁめん」をリニューアルすると公式SNSやブログで告知。


看板メニューにアサリを足してリニューアルするとのこと。


人気の看板メニューに、明らかに違うものを加えてリニューアルするって、けっこう思い切ったことだと思ってびっくり!






リニューアル当日に訪問はできなかったが、翌日に訪問出来た😊








ということでこの日の注文。




芳醇貝汁ぶたらぁめん(塩) 850円

チーズリゾット 150円

実は最後の「芳醇ぶたらぁめん」をいただくために、三日前にも訪問。



その時に感じたが、今まではJAZZっぽいシックだったBGMが、軽快になっていた♪♫♪







着丼

お?ほんのり貝の香りがする🥰






まずは

スープ

アサリの香りがいっぱい♪♫

一口飲んでみると、今まで通り佐助豚の香りはあるし、旨味も感じる。


そこにアサリ(貝)の出汁が上手にミックスされて、今まで以上に深い味わいに😋


※但しオイラにはアサリが「貝」としか分からなかない程度の舌だったのはココだけの話( ̄▽ ̄;)


ベースとして、しっかりとした佐助豚の清湯スープが効いているんだろう。



スープ飲み続けるほどに貝の旨味が増して来る♪♫


貝が入っていると、思い込みで肝臓に優しく感じるので、気分的にも( ・∀・)イイ!!






いつも通り、カラフルでオシャレな具材たち。





チーズリゾット到着

バーナーでパルメザンチーズを炙った香り🥰






全景




チャーシューの上にあるソース。

後掲する「おしながき」に記載されているが、「バルサミコとナンプラーのトマトソース」。

リニューアル前は「黒酢とバルサミコのバターソース(ビネガーソース)」。







箸でちょこっと舐める😋

トマトの旨味と、トマトだけでなく他の酸味も感じる。「おしながき」にもある通り「爽やかな酸味」という表現がピッタリ♪♫

ブログ書いてて思ったが、「チーズリゾット」に大量投入できたら、チーズリゾットも途中から味変できていいかも😊


トマトとチーズだから、相性はいいと思うんだけど。。。


次回訪問時に、ちょっと試してみたい。





●麺:

麺の表面に見えるツブは全粒粉ではなく「ふすま(外皮)」。

全粒粉:小麦全体をひいたもの

ふすま:小麦の表皮の部分


引用:じゃぱん 日本のパンを「たべる」と「つくる」で応援するサイト
胚芽・全粒粉・ふすまはどう違う?パンに使われる胚芽・全粒粉・ふすまの違い | じゃぱん 日本のパンを「たべる」と「つくる」で応援するサイト




麺の太さ、ふすま入りなど見た目は今までと変わらなく見える。


食べてみると、今までより気持ち柔らかめな「しなやか」な食感に感じる。


ただ、そこまで変わっていないので、単なるブレと思わなくもない。



公式HPに「麺も変える予定」と書いてあったので、やっぱりちょっと変えたんだろう。






以前「花月嵐」さんで飯田商店さんのラーメンをいただいてブログアップする際、いろいろ調べたら飯田商店さんは、

「しっかり茹でることでスープとのマッチングを狙っていく」

とコメントされている。



もしかしたら「きよ洲」さんも同様のお考えなのかな?と思ったり思わなかったり( ̄▽ ̄;)






穂先メンマ

2本入っている。


あっさりした味付け。コリっと、噛み切りやすい。





再度スープ

オイラ、前回の以上に好きかも😳





スープは早めにコチラへ





チーズリゾット♪♫





チャーシュー

コチラは豚モモの低温調理。モモなのに柔らか。トマトソースが合う。






鶏ムネチャーシュー

コチラも低温調理。




この写真のみ直近訪問時のもの。

大葉がついており、サッパリ感がある。





具材と麺を一緒にいただく。

水菜のシャッキリ感と麺のコントラスト♪♫





やはりこのスープ、病みつきになる





ごちそうさまでした。









ムスメ②の注文。

芳醇貝汁ぶたらぁめん(醤油) 850円




「醤油」のスープ

佐助豚+アサリは「塩」と一緒。乾物魚介や複数の醤油を使っている。

それ故?アサリ感は「塩」より控えめに感じた。







卓上調味料など






「おしながき」





「にぼ洲らぁめん おしながき」





券売機(メニュー)




券売機脇のトッピング一覧表









【店舗情報まとめ】

●住所:〒020-0831 岩手県盛岡市三本柳12地割20−1 ラ・セイザン 1F
●営業時間:10:30~14:30、18:00~20:30
※日曜日のみ夜営業なし
●定休日:水曜日
●席数:カウンター 6(コの字)
●精算:券売機 現金のみ
●駐車場:店の前4台、第二駐車場7台




地図









第二駐車場


2021年2月(オープン前)のTweet。今も駐車場は同じ。



「めん処 きよ洲」と記載されたカラーコーンがある。



















実は数日前にも訪問。


最後に「芳醇ぶたらぁめん(塩)」をいただいていた。


食べ納め♪♫







当時の券売機(メニュー)















外観



一言コメント:



・店主様がブログで述べていたが、一定数ネガティブな意見があるのも想定済み。オイラはこのリニューアルして正解だと思った。今までのものも美味しかったが、アサリが加わって更に美味しくなった。



・次回訪問時はチャーシューの上にあった「トマトソース」を「チーズリゾット」とミックスしていただいてみたい。



・「醬油」と「塩」。好みは人それぞれ。佐助豚のスープと貝の美味しさを純粋に味わいたいなら「塩」がおススメ。



・1周年おめでとうございます。2年目も通わせていただきます😄








前回訪問レポ
harusakikai.hatenablog.com






それではまた!

プライバシーポリシー お問合せ