主にラーメン こってり系からあっさり系まで

主に岩手・秋田・青森 北東北3県のラーメンのことをメインに書いていきます。

【レシピ】 チキンナゲット ※子どもの人気メニューをラヲタが作ってみた






皆さんこんにちは!



今回は「チキンナゲット」を作ったので共有。



オイラ、揚げ物系は自ら進んでやることはない。後処理面倒だし。ただ、ヨメが調理の際に揚げ物したら、すぐに捨てるのはもったいないので、「ついで」に何かを作ることを心掛けている。我ながら根っからのビンボー症なんだと思う。



この日は鶏挽肉が半額だったので二日くらい前に購入。消費期限も過ぎ鶏だからヤバいと思いつつ何しよう。。。


台湾まぜそばもいいと思ったが、、マックのナゲットが大好きなオイラの子どものため、初めて「ナゲット」を作ることにした。








鶏挽肉

500g強。





マヨネーズ大さじ1、醤油大さじ2、酒小さじ1、チューブニンニクはちょこっと、塩コショウテキトー。

この時点で620g。



袋、封をして揉む。



おっと、卵入れるの忘れていた。

キッチンドリンカーではないと思うが、だいたいこの時点でお酒のおかげでいい気分になっている。再度揉む。



全ての分量がある均等になるように、




オイラが見たレシピサイト、鶏挽肉500gに対し薄力粉70g必要と書いてある。

うちの薄力粉の在庫、袋いれても60gしかないじゃんか・・。




薄力粉入れた後の空の袋。

これが10g。ということで70g以上必要なのに50gしかない。





たまたま家にあったおからパウダー。

なぜおからパウダーを使ったかというと、代用できるという書き込みがあったから。




薄力粉、おからパウダー入れた後。

重量、720g強。

卵1個の重量、殻を取ると40gくらい。

総重量720g-薄力粉50g+卵40g=10g


おからパウダーは10gくらい入ったことになる。


また薄力粉+おからパウダーで60gくらい追加されたことになる。







再度揉みこむ。



けっこうポリ袋の上から揉んだ。



もういいかも。



封を開けるといい感じに見える。




スプーンですくって



油に投入。


ちなみに油の温度は160℃。




テキトーな頃合いで裏返す。



ひっくり返したら、けっこういいキツネ色♪




揚がったとは思うが、鶏だかた怖いので念のため割いてみた。

中まで火が通っている。味見前の段階だが、とりあえずOK。





いつものことだが、オイラの料理で残念なのはビジュアル。。。

タネをすくって油に入れる際、スプーンではなくていい方法はないものか。。

ググれば出てくるかもしてないが、そこまでする気はない。



再度ちゃんと揚がっているかチェック

バッチリ(/・ω・)/



こ、これでも全量ではないんだから!






このナゲットのメリット

・手が汚れない(挽肉、手で混ぜたら手をきれいにするのが面倒)
・かなりの量が作れる。大きさによるが、マックサイズなら30個いけると思う。オイラ作成の大きさでも25個くらい作れたはず。
・「お父さんの料理、美味しい!」と子どもに言わせることができる。
・子どもがマックのナゲット好きなご家庭には、コスト面でけっこうありがたい。

今回の材料まとめ

鶏挽肉:500g超
卵(Mサイズくらい):1個
塩コショウ:テキトーに
酒:小さじ1
醤油:大さじ2
チューブニンニク:小さじ1/2
マヨネーズ:大さじ1
薄力粉:50g
おからパウダー:10gくらい


実は今回参考にさせていただいたのは『DELISH KITCHEN』。








分量はマニュアル通りではないが、手を鶏の油で汚さないところがとてもよかった。
delishkitchen.tv


袋一つでできる! チキンナゲットのレシピ動画・作り方 | DELISH KITCHEN


マック行くと必ずナゲットを頼むチビッ子がいるご家庭には、マジでおススメ。




それではまた!

プライバシーポリシー お問合せ