主にラーメン こってり系からあっさり系まで

主に岩手・秋田・青森 北東北3県のラーメンのことをメインに書いていきます。

『更科八(さらしなや)』「もり天(ゲソ天)大盛と鶏中華」岩手県滝沢市






皆さんこんにちは!




ゴールデンウイーク前半のこの日は、盛岡市と滝沢市の境目、住所は滝沢市の「更科八(さらしなや)」さんを訪問。




調べると「更科八 畠山旅館」と出てくることがある。


なるほど、同じ建物なんだ。



道路挟んだ向かい側は旧玉山村、現盛岡市の「岩手県自動車運転免許試験場」。


遠方の方は以前はここまで泊りがけで来て、運転免許取りに来るしかなかったもんね。


旅館はその名残か?今も利用者いるのかな?







この日はもともと行こうと思っていたのはみたけの定食屋さん。

しかしGW期間の臨時休業😢




みたけ地区まで来たらもうちょっと足を伸ばして、朝営業もやってる玉山の有名店さんに、とも考えた。


しかしソチラは14時終了で間に合わない…






ということで14時30分営業終了のはずで、ギリギリ間に合いそうな「更科八」さんへ。






14時20分過ぎなのに行列😲





満席の場合は風除室にこの案内(POP)がある。










この日の注文。



もり天 950円

大盛り 200円

※生卵1個無料






まずはゲソ天





蕎麦(大盛り)の盛り





薬味、漬物

「更科八」さんも「もみじおろし」がついている。





全景








ゲソ天を場外へ

※ゲソ天を切るためのハサミがついている。


あと、生卵も1個サービス。






●麺:

まずはこのままいただく



蕎麦は好きだが特に「蕎麦通」ではないので、何とも言えない( ̄▽ ̄;)


表面ツルっと、ほどよいコシ。


店名通り「更科」だからか?ボソッとした田舎蕎麦感は薄め。







続いてつゆをつけて

やや甘めに感じる。ベースは鰹っぽいがほんのり。






ゲソ天

デカい🤣

30㎝とは言わないまでも、最低20㎝以上はある長さ。





ハサミで切断






つゆをつける。

つゆに浸かった衣のしっとり部分と、浸かっていないカリっとした部分のコントラスト😋



天ぷらと言うより「唐揚げ粉」っぽい衣。衣自体に塩分その他の味が付いている。

このつゆに合う。






こんな感じでゲソ天を切断。

衣がテーブルに飛び散る時があるので、お行儀いいとは言えない。

まあ、それでも仕方ない。





麺はかなり長い






半分くらい食べ進めたところで、生卵投入!








ゲソ天、生卵まみれ🥰

注意したいのは、ゲソ天をの入れ方を気をつけること。

切断面を下にしてそばつゆにつけると、ゲソがずり落ちる( ̄▽ ̄;)


ゲソ天と軽く生卵をまぜたそばつゆの相性はバツグン😋







蕎麦も生卵まみれ♪♫

オイラはあえて生卵をそれほど混ぜなかった。





ゲソ天、かなり多い













ごちそうさまでした。





蕎麦湯~~~


到着時からあったので、ややヌルめ。。。





塩分強いかも。。

全て飲み切れなかった。








ムスメ②の注文。

鶏中華 850円






全景

コチラにも「もみじおろし」がついている。




スープ

一番感じたのは、けっこうな甘さ。

あと、鶏出汁。






プリプリのモモ。





ごぼう、ニンジンなど。







卓上調味料など








メニュー

メニューに記載はないが「大盛り」を注文できた。






メニューのウラ







【店舗情報まとめ】

●住所:〒020-0601 岩手県滝沢市後268−1339
●営業時間:11:00~14:30
●定休日:土曜日
●席数:4人掛けテーブル 6、4人掛け小上がり 5
●精算:後払い 現金以外にPayPay
●駐車場:店の横 10台以上



地図









店舗入口





ラストオーダー後はノレンが仕舞われている。





看板








一言コメント:



・メニューに「大盛り」の料金は記載されていない。PayPayでの支払い合計が2,000円。引き算して大盛は200円だったはず。



・普通盛りでも「量が多い」というコメントを見かける。オイラは腹パンだった。まずは普通盛りで十分かも。



・従業員さんにあまりホスピタリティを求めてはいけない。普通に淡々と仕事をこなしている。







それではまた!

プライバシーポリシー お問合せ