主にラーメン こってり系からあっさり系まで

主に岩手・秋田・青森 北東北3県のラーメンのことをメインに書いていきます。

『大吉屋』「らーめん(チャーシュー/ねぎ増し)」青森県青森市新町

皆さんこんにちは!







この日は青森市新町の「大吉屋」さんを訪問。





かなり遅めのランチを「青森大勝軒 本店」さんでいただいたので、なかなかお腹が空かない。。



ホテルの部屋で、おつまみナシで酒を飲みながらブログ下書きなどを。。



そしてようやくお腹が空いてきたのは23時過ぎ。。










この日の注文。




らーめん(平打ち) 660円

※麺は「平打ち」と「細めん」からチョイス。


チャーシュー増し 270円

ねぎ増し 110円



着丼
f:id:harusakikai:20211212081131j:plain


「増し」にしたねぎとチャーシューがいっぱい。


麺が見えない。。。






チャーシューを広げる。
f:id:harusakikai:20211212081124j:plain


ステキなビジュアルだ。オイラがチャーシュー増しにするのは珍しい😲






●スープ:

f:id:harusakikai:20211212081126j:plain


一口飲むと、まずは甘さを感じる。まろやか系の醤油。煮干しもほんのり。他に鶏ガラかな。煮干し以外に魚介系入っていたかも。


全体的にあっさり。酔っ払いのオイラの胃に優しいスープが沁み渡る🥰







麺を露出。
f:id:harusakikai:20211212081129j:plain

「天地返し」と言いたいところだが、そういうお店ではないのでやめておく。

ねぎにスープをいっぱいしみ込ませたかったの😘






●麺:

f:id:harusakikai:20211212081119j:plain

太めの平打ち麺。ワシワシまでいかないが、けっこう歯応えがしっかりしている。






チャーシュー
f:id:harusakikai:20211212081134j:plain

豚ロースかな。醤油ベースのタレの味付けはややしっかりめ。スープに浸して柔らかくなり、赤身の部分はホロっと、アブラ身の部分はトロっと😋


そういえばオイラ、このタイプのチャーシュー作るの得意だったかも♪♫





具は他にメンマが数本入っていた。




再度チャーシュー
f:id:harusakikai:20211212081122j:plain

オイラ、「大吉屋」さんのチャーシュー、好きかも🥰




ねぎ
f:id:harusakikai:20211212081136j:plain

スープを吸って、ややしっとり。



ねぎとチャーシューを増すと、けっこうスープってぬるくなるんだね( ̄▽ ̄;)




ごちそうさまでした。
f:id:harusakikai:20211212081138j:plain





卓上調味料
f:id:harusakikai:20211212081144j:plain





メニュー
f:id:harusakikai:20211212081142j:plain


とてもシンプル。






【店舗情報まとめ】

●住所:〒030-0801 青森県青森市新町2丁目7−7
●営業時間:19:00~1:00(引用:Google)
●定休日:日曜日
●席数:カウンター 調理場向き3、壁向き 2、4人掛け小上がり 2
●精算:後払い 現金のみ
●駐車場:なし




地図





定休日
f:id:harusakikai:20211219164530j:plain




外観
f:id:harusakikai:20211212081155j:plain






一言コメント:



・「大吉屋」さんについていろいろ調べると、佐野ラーメンのインスパイアっぽい。オイラは佐野ラーメンを食べたのは10年以上前。しかも東北道のサービスエリアの佐野ラーメンだった。よって佐野ラーメンとの比較はできない。



・2種類(平打ち、細めん)の麺のチョイスについて。店主様に聞いたところ注文の割合は平打ち6割、細めん4割とのこと。



・青森の伝統的な煮干し系とは違う。ニボニボ系以外のあっさり醤油ラーメンを求めている方におススメ。酔っ払ったカラダに優しく沁み渡るスープ😊



・酔っ払っていたので、訪問直後にスマホに入力した感想を元にブログ作成。よってレポはシンプルになっちゃった( ̄▽ ̄;)





それではまた!

プライバシーポリシー お問合せ