主にラーメン こってり系からあっさり系まで

主に岩手・秋田・青森 北東北3県のラーメンのことをメインに書いていきます。

『中華そば 吟』「中華そば」青森県青森市本町








皆さんこんにちは!







この日は青森市内に宿泊。いつものように、宿泊先のお部屋でPCでのお仕事。

しかし、なんでこうも社内の報告作業って多いんだろうな。。


どこの会社も同様だと思うが「報告のための報告」。コレ、どうにかならないかな。。





とりあえず社内報告を終えて、人間ドック近いため焼酎とナッツで夕飯を済まそうとする。


やっぱりお腹が空いてきた( ̄▽ ̄;)




ということでGoogle検索。


10代のムスメ世代はインスタなどSNSで検索が主流らしいが、やはりオイラはGoogle先生が一番頼りだ。






ということでこの日は青森市本町の「中華そば 吟」さんを訪問。





外観

「中華そば 吟」さんは青森市の夜の繁華街にある。


しかもお隣は「無料案内所」😎



若い頃ならわざと間違えて、左側のお店に飛び込んだかも🤣










この日の注文。



中華そば 700円




着丼

シンプルな「ザ・中華そば」といったビジュアル。

ほんのり煮干しが香る😊






具をずらす。

チャーシュー3枚、メンマ、ネギは比較的多めだ。





●スープ:

レンゲを口に近づけると、着丼時より煮干しの香りが強くなる。しかし強烈ではなく、優しくほんのり香る程度。


飲んでみるとメインは煮干しだが、決して「煮干し推し」というほど強くはない。香味野菜とその他魚介系かな?煮干し以外の美味しさもいっぱい詰まっている。

まろやか系の醤油と相まって、甘さを感じる🥰


シンプルだがこだわりを、めちゃくちゃ感じる。たぶん、かなり手が込んでいると想像する。



で、酔っ払いの胃袋に優しい味わいのスープが沁み渡る😊





●麺:

中細、縮れ。

しっかりめのコシ。優しい味わいのスープに合う😋





メンマ





チャーシュー

トロトロの豚バラ😋






もう一つのチャーシュー


「ホロホロ」というより「トロトロ」


あれ?と思い、思い切って聞いてみた。客はオイラ一人だったし。


「チャーシューは豚バラと、もうひとつはロースですか?」


聞いてみたら、「モモ」みたいなことをおっしゃっていた。


モモでこんなトロトロになるんですか???
😲





ネギと麺

スープの味をまとったネギ♪♫

麺と合う🥰






再度チャーシュー

改めて思う。「豚モモ」って、こんなにトロトロになるんですか~~??






スープ、美味しい😋

飲んでいて、あまり罪悪感を感じない。






ごちそうさまでした。






卓上調味料など







メニュー





メニュー②

ドリンク類





メニュー③

テイクアウトメニュー。








【店舗情報まとめ】

●住所:〒030-0802 青森県青森市本町2丁目6−20
●営業時間:20:00~翌3:00
●定休日:日曜日
●席数:カウンター 6、4人掛けテーブル 1
●精算:後払い 現金のみ
●駐車場:なし





地図








店内

カウンター付近。







小上がり

※OKいただいて撮影。








店舗入口





外観(引きで)










一言コメント:



・公式SNSはTwitterとFacebook。お盆で営業日が不定期な時、臨時休業などを中心に発信している。



・酔っ払いで荒れたカラダを優しく包んでくれるスープ。また行くと思う。



・店主様の人柄も穏やかでステキ💕








それではまた!

プライバシーポリシー お問合せ