主にラーメン こってり系からあっさり系まで

主に岩手・秋田・青森 北東北3県のラーメンのことをメインに書いていきます。

『中華そば つしま』②「まぜそば+出汁茶漬け」青森県藤崎町






皆さんこんにちは!







この日は弘前の北隣、青森県藤崎町の「中華そば つしま」さんを訪問。






弘前市北部での重要な顧客アポは10時台に終了。





その後仕事柄見たいものがあって五所川原市へ。ランチをどこでいただこうか、いろいろ迷いがあった。



津軽の人にしか分からないだろうが、弘前北部⇔五所川原館はのどかな国道を走る。


道中には仙台発祥、安くてお腹いっぱいになれる「半田屋」が入居している激安スーパーを横目に北上。







本日、オイラのお題!


今日のランチはどこで食べる??


①五所川原?

②それともその後弘前に戻ってきてから?

③はたまた、道中の板柳か鶴田?


などと、仕事そっちのけで悩みながら運転。


いや、仕事のことも考えていたけどね( ̄▽ ̄;)




訪問頻度は高くないので、けっこう重要!





さて、候補は二つに絞られた。




一つは定食+ラーメンが美味しそうな鶴田町の中華屋さん。月替わりで限定ランチやっていて、追加料金でラーメンも食べられる。7月は「レバニラ定食+台湾ラーメン」。




もう一つは今回訪問した「中華そば つしま」さん。過去に一度訪問したことがる。その際にいただいた「中華そば」は感動的な美味しさだった記憶。

たまたまだけど「夏季限定」メニューの提供開始日だった。




あまり訪問することがないエリアなので、ホント悩んだ(~_~;)




で、結局「中華そば つしま」さんに行くことにした。




とりあえずこのTweet見たら、気にならない訳がない。








この日の注文。



まぜそば+出汁茶漬け 980円







着丼

オイラの場合、挽肉とニラ、卵黄が魅力的に映る🤩






全景

まぜそばのどんぶり以外に空っぽのどんぶりとおろしニンニク。





空っぽのどんぶりはどうするの??





セルフコーナーにある「ごはん無料」!

コチラで「追い飯」をするためのもの。



普通に「ラーメン」注文した方も無料。コレは非常にありがたい😄






横から

空っぽのどんぶり、上から見た面積だけでなく体積もデカい😲





接写

この時点で辛そうな香り。

具材は挽肉、ニラ、ネギ、海苔、ナルトなど。




混ぜる





まだ混ぜる

挽肉の量は、かなり多め(完全な主観)。





混ぜた

ふぅ。。





●麺:

逆光だ( ̄▽ ̄;)


「中華そば」と同じ麺なのかどうかは不明。比較するため前回訪問レポの麺を見たが、ピンボケだった。。



挽肉を辛めの味付けで煮込んで、タレは醤油ベースの甘辛っぽい味わい。挽肉を混ぜることでタレと挽肉、麺が一体になる。


味は唐辛子系と痺れ系入ってるだろうが、痺れ系強めに感じる。



モチっとした麺に辛みをまとった挽肉が絡む🥰








再度、麺。

この角度だと見やすい麺。

ニラと唐辛子系、痺れ系が絡む♪♫







ここでニンニク投入!





ニンニクと麺を一緒に

唐辛子系とシビれ系、ニラ。そこに卵黄のまろやか感に追加されたニンニク。


ジャンクさがアップ⤴


あ、もしかしたらニンニク、最初から投入してもいいかも😋






挽肉中心に、具材はかなり多い。













挽肉中心の具材をこのくらい残す





セルフコーナーでご飯よそって、カウンターに持って行く。






出汁茶漬け~~✨

※ワサビを添えて♪♫





この時点の全景

こういったタイプの「まぜそば」は、オイラ初めてだ。




●スープ:


まずは一口。



お出汁だ!



鰹節メイン?の出汁スープ。ラーメン用というより、和食っぽいあっさりめのお出汁。「お」をつけるべきスープ。






具材投入





「和のお出汁」と「ジャンク」の融合の「おじや風」。

「まぜそば」よりお上品な味わい。





ここで薬味のワサビを入れてみる。

もともと唐辛子系+シビれ系にワサビの辛さをミックス。





お出汁とご飯


同じ辛さでも、全く違うのを感じられる。







「まぜそば」の具材、全部投入!





一度唐辛子系の辛さに舌が馴染んだので、唐辛子系の辛さを欲した。





続いて、ニンニクを投入。

お出汁なのに、なぜか合う😲






名残惜しい。。




ごちそうさまでした。




食券





卓上調味料など

「まぜそば」用にラー油があれば、嬉しいかも😄





ごはん無料

※無くなり次第終了





券売機(メニュー)

※訪問日当日に価格改定実施したみたい。





券売機周りのメニュー写真





券売機、ちょっと上の方のメニュー写真。





ドリンク類、平日限定定食







【店舗情報まとめ】

●住所:〒038-3802 青森県南津軽郡藤崎町藤崎向根子橋21−2
●営業時間:11:00~15:00(LO14:30)、17:30~20:30(L.O.20:00)
●定休日:火曜日(祝日の場合は営業)
●席数:カウンター 6 壁向き、2人掛けテーブル 3、4人掛け小上がり 2
●精算:券売機 現金のみ
●駐車場:多数(「はたけのゆっこ」さん敷地内)


地図






営業時間、定休日など





まぜそばの楽しみ方

最初からこの通りに試してみるのがいいと思う。






テイクアウトもやっている。





外観
















一言コメント:



・公式HPあり。他にSNSはTwitterとインスタ。テイクアウトはLINEと公式HP参照。



・訪問は11時台前半。空いていた。若いご夫婦とオムツを履いてそうなチビッ子1名が小上がりに。すごく分かる。混雑時間帯を避けて、美味しいラーメン屋さんへの訪問。自分もそうだった。

チョコマカするの分かっているが、たまに家族で美味しいラーメン屋さんに行っていた頃を思い出した。

突然大泣きしたり、オムツ交換必要になったり、従業員さんや客の視線が気になることも多々あった。特に目が離せない子どもがいる頃は、夫婦で美味しいラーメン屋さんに行くのは至難の業だったなぁ(遠い目)。


で、すぐそばのカウンターに座っていたオイラ。視線を感じたので横を見ると、チビッ子がオイラを直視。オイラはたまらず、キモイ顔でほほ笑む🙈


すると仲間だと思ったのか、オイラの寄ろうとする。それを引き留めるパパさん。この頃の子どもは可愛いよね♪♫




・話変わって「教養としてのラーメン」という本がある。



その中に写真つき掲載されている「中華そば 青葉」さん。

店主様はコチラご出身のお店。こういうラーメンの本に掲載されているお店ご出身の店主様が経営されている「中華そば つしま」さん。味は間違いない。











前回訪問レポ
harusakikai.hatenablog.com




それではまた!

プライバシーポリシー お問合せ