主にラーメン こってり系からあっさり系まで

主に岩手・秋田・青森 北東北3県のラーメンのことをメインに書いていきます。40代就職氷河期世代、節約のために土日は外食あまりせず。

麺屋 謝(いやび) 初訪問で「濃厚煮干しそば」(マニア向け)+「和え玉」! 青森県藤崎町

2021年2月28日更新

最新訪問レポ

harusakikai.hatenablog.com

 ↑

更新ここまで。







皆さんこんにちは!







お盆終わると夜に鈴虫の大合唱が始まるオイラの勝手なイメージの盛岡、今年は残暑が厳しい。鈴虫もあまり聞こえない。そもそも梅雨明け宣言しなかったのに、ここに来て最近暑すぎるでしょう。。







この日は久々に仕事で青森県弘前市へ。ずっと行きたいと思っていて、なかなか訪問できなかったラーメン屋さんについに訪問出来た。






それは弘前の北隣、藤崎町の「麺屋 謝(いやび)」さん。





「謝(いやび)」は感謝を意味する言葉らしい。






オイラの注文。


濃厚煮干しそば 850円

(税込)





こちらのお店、券売機。



「初めての方にお薦め」は「煮干しそば」と券売機にあったので何も考えず「煮干しそば」800円をポチった。その後空席待ちのため後ろに座っていた時、お品書きをよく見たら「濃厚煮干しそば」のコメントに「鶏白湯をベースに大量の煮干しで炊き上げたスープ」とある。注意書きで「※マニア向け」。





鶏白湯と煮干し、絶対合うヤツだ!と思い、カウンターで現金50円を差し出し、「『濃厚煮干しそば』に変更できますか?」と聞いたらOKとのこと。




ありがとうございます。









着丼
f:id:harusakikai:20200829084310j:plain


うん、濃厚そう♪






ちょっと接写。
f:id:harusakikai:20200829084258j:plain







ニクを露出。
f:id:harusakikai:20200829084248j:plain

鶏と豚、2種類のチャーシュー。







麺リフト
f:id:harusakikai:20200829084254j:plain

黒いツブは麺に練り込だ全粒粉?表面に付いた煮干し?背面に空席待ちの客がいたので、そこまでチェックはできなかった。






鶏チャーシューの厚み。
f:id:harusakikai:20200829084238j:plain

鶏はしっとり柔らか。




豚チャーシューの厚み。
f:id:harusakikai:20200829084313j:plain

豚は若干の歯応え。






スープ
f:id:harusakikai:20200830122632j:plain

トロっとしている。鶏白湯と煮干しのとてもステキなコラボレーション。





麺、完食。
f:id:harusakikai:20200829084241j:plain

スープを飲み干したくなるところを、あえて残す。





・スープ:

「ドロっと」までではないが、「トロっと」している。確かにマニア向けかも。でも煮干し✛豚又は鶏の濃厚系が好きな人は絶対イケるスープ。



・麺:

細麺、パッツン。パッツン具合はけっこうなもの。オイラが知っている博多ラーメンのバリカタより固い。スープと合う。



・具:

刻みタマネギ、海苔一枚、万能ネギ、鶏チャーシュー・豚チャーシュー各1枚。鶏はしっとり柔らか、豚は食感あり。対照的に仕上げたんだろう。







和え玉 200円


カウンターに200円を置いて「和え玉お願いします!」






和え玉到着。
f:id:harusakikai:20200829084235j:plain








混ぜる。
f:id:harusakikai:20200829084245j:plain

まずは「まぜそば」風でいただきたい。

なかなか完全に混ざらない。。








和え玉(まぜそば風)、麺リフト
f:id:harusakikai:20200829084251j:plain



・味

具は煮干し、刻みタマネギ、ほぐしチャーシュー。ちょっと混ぜ辛い。中華系の「何か」が煮干し以外にアクセントを加えている。結局分からなかった。ただ一つ言えること、これは「混ぜそば」だけで完食してもいい。










しかしオイラは貧乏性。一粒で何種類も楽しむ。





つけ麺風。
f:id:harusakikai:20200830114406j:plain

つけ麺風で食べたのは少し。






最後に全てスープへ。
f:id:harusakikai:20200829084307j:plain

やっぱりこれも最高。中華系の「何か」が加わり、味変されている。






完食・完飲。
f:id:harusakikai:20200829084301j:plain







卓上調味料
f:id:harusakikai:20200829084318j:plain

シンプルにブラックペッパーとお酢のみ。

また、ワンオペなので「お願い」には従おう。







券売機(メニュー)
f:id:harusakikai:20200829084332j:plain





券売機下の「お品書き」
f:id:harusakikai:20200829084325j:plain




「和え玉」の説明。
f:id:harusakikai:20200829084328j:plain


f:id:harusakikai:20200829084322j:plain





【店舗情報まとめ】

・〒038-3802 青森県南津軽郡藤崎町大字藤崎村井24
・営業時間:11:00~15:00(スープ切れ早仕舞いあり)
・定休日:水曜日
・席数:カウンターのみ9席
・精算:券売機 現金のみ
・駐車場:店の横 6台くらいと店の前 3台








斜めすぎるけど、営業時間・定休日。
f:id:harusakikai:20200829084350j:plain





外観
f:id:harusakikai:20200829084357j:plain

店舗横の駐車場から。国道7号を青森市から南下すると、かなり大きいこの看板が見えてくる。






外観②
f:id:harusakikai:20200829084354j:plain

店舗正面。






地図





ストリートビュー

※隣のコンビニに停めては、絶対ダメ。店主さんも毎日Twitterで言っている。






一言コメント:



・ワンオペ。



・公式Twitterで定期的に情報発信中。



・初めての方は「煮干しそば」がいいらしいが、オイラみたいな初訪問のこってり好きさんには「濃厚煮干しそば」でもいいと思う。



・スープ切れ、早仕舞いあり。営業時間内なのにオイラもフラれたことある。



・かなりの人気店。行列必死。



・「弘前経済新聞」さん(Web)に「麺屋 謝(いやび)」さんを紹介した記事がある(店主さんの顔写真入り)。直リンしたらまずそうなのでリンクは貼らない。いろいろな思いも語られているので興味ある方は検索してみて!



・オイラは絶対またリピする。








それではまた!

プライバシーポリシー お問合せ