主にラーメン こってり系からあっさり系まで

主に岩手・秋田・青森 北東北3県のラーメンのことをメインに書いていきます。

『中華蕎麦 豎屋(こものや)』②「中華蕎麦+和え玉」岩手県盛岡市永井

皆さんこんにちは!






週末のこの日は盛岡市永井の「中華蕎麦 豎屋(こものや)」さんを訪問。




以前「麺屋十郎兵衛 盛岡南店」さんがあった場所。2021年9月下旬に同じ店主様が「中華蕎麦 豎屋(こものや)」としてリニューアル?オープン。








この日の注文。




中華蕎麦 750円

和え玉 200円




着丼

面積広めのチャーシューが目を引く。








●スープ:

やや濃いめの醤油。また、甘さも感じる。何だろ??動物系と魚介系が複雑に混ぜ合わさっている。あと香味野菜か?丸いアブラは鶏油かな。

オイラにはどちらかというと動物系がやや強めに感じる。








ネギ

細かく刻まれており、スープがいっぱい絡む。

このスープとネギの相性はかなりいい😊





●麺:

やや平打ちの縮れ。店主様の所作を見ていなかったからはっきりとは分からないが、たぶん茹でる前に手揉みしている。


縮れ部分がスープを引っ張ってくる。


硬すぎず柔らかすぎず、ちょうどいいコシ🥰







タケノコ

「十郎兵衛」時代から変わらない細切りのタケノコ。






豚チャーシュー

低温調理っぽい色合い。

食感しっかりめだが、噛み切れる程度の硬さ。






鶏チャーシュー

鶏ムネの低温調理。しっとり柔らか♪♫








あ、そういえば。。。


店主様の方を見るとこっちを見て頷いていただいた。





スープに染みたネギを食べながら、しばし待つ。





和え玉到着

見て分かる通り、事前にタレに絡めて提供される。

コレはありがたい♪♫





「豎屋」さんの場合、注文したラーメンのメニューによって「和え玉」の味付けを変えている。





カイワレの上の赤い粉末。

ピントがずれた。。

赤い粉末だけ舐めてみたら、辛かった。たぶん唐辛子系の粉末。






センターにいるのは何だろう??

単体で舐めてみた。

背アブラの塊??鶏のミンチ??

うん、分からない。。






タレ

底にけっこう沈んでいる。

一応自分でも混ぜる。








まずは「まぜそば風」でいただく。


麺はパッツン気味の食感。

タレは「中華蕎麦」よりやや濃いめの醤油ダレ。コチラもやや甘さを感じる。







続いて「つけ麺風」

決してあっさりではないが「まぜそば風」でいただくよりはあっさりめ。





「つけ麺風」、なかなか( ・∀・)イイ!!





最後に全量スープへ。

あまり残っていないけど。。





最後にスープ

けっこう醤油感が濃いめ。






ごちそうさまでした。









ムスメ①の注文。

煮干拉麺 750円


最近スープを改良したとのこと。






最後にスープを一口ゲット!

けっこうガツンと来る系かな。コレはオイラ好みだ。








調味料類は1箇所に。

券売機側のカウンター設置された。





券売機(メニュー)





限定メニュー





【店舗情報まとめ】

●住所:〒020-0834 岩手県盛岡市永井22地割29−4
●営業時間:7:30~10:30、11:30~14:30(スープなくなり次第終了)
●定休日:火曜日(入口に記載あり)
●席数:カウンター 8
●精算:券売機 現金のみ
●駐車場:7台




地図






営業時間






一言コメント:



・公式SNSはTwitterと店主様個人名でのFB。最近Twitterを使いこなせるようになったみたい。12月中旬あたりから定期的にTweetされている。最近は臨時休業などもTwitterで告知している。



・たまに限定麺を提供する時がある。その際も公式Twitterで告知。



・和え玉の提供タイミング、以前とは違いラーメン食べ終わりそうなタイミングに合わせていただけるようになった。ありがとうございます🙇



・次回は「煮干拉麺+和え玉」をいただいてみたい。









前回訪問レポ
harusakikai.hatenablog.com

駐車場の写真はコチラ参照。






2022年3月15日更新




「2/25を持ちまして閉店」とのTweet。

3月25日のことかな?


詳細不明だけど、けっこうショックかも。。








それではまた!

プライバシーポリシー お問合せ