主にラーメン こってり系からあっさり系まで

主に岩手・秋田・青森 北東北3県のラーメンのことをメインに書いていきます。

『麺屋 謝(いやび)』⑤「地鶏そば(塩)+和え玉」青森県藤崎町

f:id:harusakikai:20211029203029j:plain






皆さんこんにちは!






この日は青森県藤崎町の「麺屋 謝(いやび)」さんを訪問。






まず、年上同僚のヘルプで弘前へ。


ヘルプ終了した13時過ぎ、ランチどうするか?のお話しに。




オイラに「任せる」とは言われたものの選択肢を複数示して、その中から選んでいただくことにした。




仕事が弘前市北部、国道7号すぐそばだったということもあり弘前市のお隣、藤崎町に入ってすぐの「麺屋 謝」さんにすんなり決定。




「コンビニとかでよく監修している『麺屋 一燈』グループ出身の方のお店」と言ったことも、年上同僚の決断の一助になったかも。






まずは「お品書き」
f:id:harusakikai:20211029203054j:plain









この日の注文。



地鶏そば(塩) 800円

実は初めて注文してみた😄




年上同僚に勧めたのは「濃厚煮干そば(マニア向け)」。たぶん、この方ならイケるだろうと思って。







着丼
f:id:harusakikai:20211029203029j:plain

ほんのり香る鶏出汁♪♫


食欲そそる😋







具をずらして接写
f:id:harusakikai:20211029203008j:plain

穂先メンマ2本、鶏と豚の低温調理チャーシューが各1枚、あと青ネギ。





●スープ:

f:id:harusakikai:20211029203003j:plain

青森シャモロックと比内地鶏を使った上品な香りの鶏出汁。

スープ飲むと鶏出汁がしっかり効いている。でも全然クセがなく、あっさりにも思えるスープ。


券売機下にあった「お品書き」を見返してみた。

「乾物等を合わせた」とあるので、昆布やシイタケなどのうまみがしっかり効いているのかな。


あと「鶏出汁の香り」って書いたけど「鶏油」かも。






●麺:

f:id:harusakikai:20211029203049j:plain

細麺、パッツン。よく見たら「煮干そば」系とは違い、プツプツしたものが練り込まれている。

全粒粉かな。。

やべ、「煮干そば」系の麺との違いを分からずにいただいていた。。。







鶏チャーシュー
f:id:harusakikai:20211029203047j:plain

「麺屋 謝」さんでいただいた中で、最も食感があった。わざとかな?ブレかな?







穂先メンマ
f:id:harusakikai:20211029203044j:plain

うん、長い笑





ネギ
f:id:harusakikai:20211029203011j:plain

このスープとネギ、相性バツグン!

「ネギ増し」に×がついていなければ、トッピングした方がいいかも。





海苔+麺
f:id:harusakikai:20211029203014j:plain





豚のチャーシュー
f:id:harusakikai:20211029203031j:plain

ロースっぽい。








ほぼ麺が無くなるタイミングでカウンターに200円置き、「和え玉お願いしま~~す」。





和え玉の説明
f:id:harusakikai:20211105223656j:plain






和え玉 200円

f:id:harusakikai:20211029203016j:plain

メニューまでチェックしていないが、男性客のほとんどが注文していたと思う。





年上同僚、盛岡市の「RA-MEN IKKEN(ラーメン イッケン)」さんに一緒に行った時「和え玉」注文したのに、「『和え玉』って何だっけ」だって。。


ラーメンにこだわりがない方は、そんなもんなのかな。。
harusakikai.hatenablog.com

そういえば最近、「RA-MEN IKKEN」さんに行ってないな。。





地鶏そばのスープは、ある程度残しておいた。
f:id:harusakikai:20211029203024j:plain






和え玉、混ぜる。
f:id:harusakikai:20211029202957j:plain

相変わらず混ぜづらい😅





和え玉のタレ。
f:id:harusakikai:20211029203038j:plain

大量ではないが、そこそこ入っている。





和え玉のチャーシュー
f:id:harusakikai:20211029203021j:plain

ピントが麺に行ってしまった。。






和え玉の麺
f:id:harusakikai:20211105213441j:plain

コチラは全粒粉のようなものは練り込まれていない。





スープに投入してみる。
f:id:harusakikai:20211029203026j:plain

煮干系のラーメン(煮干そば、濃厚煮干そば)と「和え玉」の相性はバツグン。


果たして「地鶏そば」との相性は???






うん、悪くない。
f:id:harusakikai:20211029203001j:plain






和え玉、全て投入
f:id:harusakikai:20211029203041j:plain






投入後のスープ
f:id:harusakikai:20211029203034j:plain

たぶん美味しい。ただスープの残量が少なく、しっかり堪能出来なかった。判断するのはちょっと早いかも。






ここで卓上調味料の「ニボ酢」、いってみた。
f:id:harusakikai:20211029203036j:plain

コレもいい🥰






ごちそうさまでした。
f:id:harusakikai:20211029203019j:plain







卓上調味料
f:id:harusakikai:20211029203052j:plain









券売機(メニュー)
f:id:harusakikai:20211029203105j:plain





再度お品書き
f:id:harusakikai:20211029203054j:plain





券売機の上
f:id:harusakikai:20211029203102j:plain

お土産の「濃厚煮干まぜそば」、一度はテイクアウトしてみたい。だけど気温がまだ低くない時期。他に営業活動することを考えると、どうしても二の足を踏んでしまう。。


本格的に寒くなり、すぐに帰宅する際にはテイクアウトすると思う。








【店舗情報まとめ】

●住所:〒038-3802 青森県南津軽郡藤崎町藤崎村井24
●営業時間:11:00~15:00 ※スープ切れ早仕舞いあり 金曜日のみ夜営業復活
●定休日:水曜日 10月から日曜日に変更
●席数:カウンター 9くらい。他に入口入ってすぐ、券売機のウラに2席くらい座敷あり
●精算:券売機 現金のみ
●駐車場:店の前と横 合計8~9台くらいと他に第二駐車場あり

地図







営業時間
f:id:harusakikai:20211029203057j:plain




店舗入口
f:id:harusakikai:20211029203120j:plain





駐車場関連、拡大
f:id:harusakikai:20211029203124j:plain








外観
f:id:harusakikai:20211029203117j:plain

※青森市方面から国道7号を南下すると見える。











一言コメント:



・煮干し系が最もウリだと思うが、「地鶏そば」の方が万人ウケすると思う。個人的にはあっさり系に感じた「鶏出汁」。煮干し系がニガテな方におススメ😄



・今度「地鶏そば(塩)」をいただく際はスープをいっぱい残した状態で「和え玉」を投入し、味を確認してみたい。



・「麺屋 謝」さんの定番メニューは4種類。あとは「地鶏そば(醤油)」をいただけば、とりあえず定番メニュー制覇。次回訪問時に「濃厚煮干そば」を食べたい欲求を抑え、果たしてオイラは全メニュー制覇できるか?



・ただ弘前近郊に食べたいラーメン屋さんは他にもいっぱいある。弘前への訪問頻度がそれほど高くないので悩む🤔








前回訪問レポ
harusakikai.hatenablog.com

※第二駐車場の写真、コチラに掲載






それではまた!

プライバシーポリシー お問合せ