主にラーメン こってり系からあっさり系まで

主に岩手・秋田・青森 北東北3県のラーメンのことをメインに書いていきます。

『麺屋 謝(いやび)』④「煮干そば+和え玉」青森県藤崎町

f:id:harusakikai:20210911160219j:plain





皆さんこんにちは!







9月も中旬に差し掛かろうとしていたある日、同僚のお手伝いで弘前へ。


お手伝い終了後、年上の同僚と弘前でランチ。もうね、年上だか何だろうが、この日行くお店は決めていた(`・ω・´)




ということで、この日は弘前のお隣、青森県藤崎町の「麺屋 謝(いやび)」さんを訪問。


今年の4月以来、約5ヶ月ぶりの訪問。




この「麺屋 謝」さん、今年(2021年)4月に盛岡市三本柳にオープンした「めん処 きよ洲」さんと同じ東京 新小岩の「麺屋 一燈(いっとう)」さんのグループご出身。


「きよ洲」さんに行ったことある方なら、そのクオリティの高さはご存知だと思う。「謝」さんと「きよ洲」さんしか行ったことないが、「一燈」さんグループご出身のラーメン屋さんは間違いなくハイレベル!







お品書
f:id:harusakikai:20210911160329j:plain



オイラは過去に3回訪問。

いただいたメニューは「濃厚煮干しそば」が2回と限定麺のみ。


「濃厚煮干しそば」にドハマりしてまた食べたかったが、いろんなメニュー食べてみないと!!







この日の注文。


煮干そば 800円

※「お品書」を拝見すると「大漁の煮干と水のみで炊き上げた純煮干しスープ」と記載。






着丼
f:id:harusakikai:20210911160219j:plain

煮干しの香りが充満♪♫

また煮干し系ラーメンと相性のいいザク切りタマネギがいっぱい。





テッペンの具材どかして接写
f:id:harusakikai:20210911160259j:plain

鶏チャーシュー以外に豚ロースのチャーシューがお出ましだ!






海苔
f:id:harusakikai:20210911160226j:plain

3枚あった。本来は2枚かも。1枚重なっていた。





●スープ:

f:id:harusakikai:20210911160315j:plain

当たり前だけど、煮干し感満載。アブラ分感じるが、コレも煮干し由来ってことなんだろう。塩分濃度は気持ち高めな気がする。


もしかしたら「濃厚煮干そば」より塩分濃度は高いかも(しばらく食べていないので思い出補正の可能性あり)。


ただ、撫牛子の超有名店さんよりは塩分濃度は少ないと思う。※コチラも思い出補正の可能性あり。



煮干し独特の雑味はオイラには感じられず、スープを飲み干しそうなタイプ。







●麺:

f:id:harusakikai:20210911160242j:plain

細麺、パッツン。パツパツ。スープとの相性はいい。






鶏チャーシュー
f:id:harusakikai:20210911160234j:plain

鶏ムネの低温調理。しっとりとして柔らか🥰






豚チャーシュー
f:id:harusakikai:20210911160215j:plain

低温調理のロース。コチラもしっとり、柔らか♪♫






この辺で、現金200円をカウンターに置いて。。
f:id:harusakikai:20210911160311j:plain

「和え玉お願いします!」






ザク切りタマネギはなるべく食べず、しばらくスープに浸しておいた。
f:id:harusakikai:20210911160319j:plain

煮干し系ラーメンが好きなのに、タマネギがニガテという矛盾。。。。

だが不思議とタマネギ独特のニガミは感じなかった。






和え玉 200円

到着
f:id:harusakikai:20210911160222j:plain

見えるのはザク切りタマネギと煮干し粉、ほぐしチャーシュー。





混ぜる
f:id:harusakikai:20210911160255j:plain

相変わらず混ぜづらい。。






f:id:harusakikai:20210911160238j:plain

まずは「まぜそば」風。


タレと麺、煮干し粉が絡んでとても美味しい😋


このまま完食したくなる。





味変
f:id:harusakikai:20210911160306j:plain

ここで「イカ酢」投入!


この酢、間違いなくイカの風味がする。


味は気持ちイカが加わり、且つイヤミのない酢のスッキリ感。コレも合う🥰







和え玉をスープに投入!
f:id:harusakikai:20210911160250j:plain





スープ
f:id:harusakikai:20210911160303j:plain

更に「イカ酢」も投入し、スープ全体がスッキリとなった。




f:id:harusakikai:20210911160229j:plain





ごちそうさまでした。
f:id:harusakikai:20210911160246j:plain

あ、あれ??


塩分濃度、ちょっと高めに感じたのに飲み干しちゃった。。






券売機(メニュー)
f:id:harusakikai:20210911160340j:plain






お品書き
f:id:harusakikai:20210911160329j:plain

券売機の下にある。





和え玉
f:id:harusakikai:20210911160344j:plain

こちら、券売機にはない。現金のみ




f:id:harusakikai:20210911160334j:plain






お願い
f:id:harusakikai:20210911160324j:plain





【店舗情報まとめ】

●住所:〒038-3802 青森県南津軽郡藤崎町藤崎村井24
●営業時間:11:00~15:00 ※スープ切れ早仕舞いあり 金曜日のみ夜営業あり10月から当面の間、夜営業なし
●定休日:水曜日 10月から日曜日に変更

●席数:カウンター 9くらい。他に入口入ってすぐ、券売機のウラに2席くらい追加されていた
●精算:券売機 現金のみ
●駐車場:店の前と横 合計8~9台くらいと第二駐車場が出来た(後述)



地図







行列時の依頼、第二駐車場の案内
f:id:harusakikai:20210911160433j:plain





第二駐車場は、青森市から弘前市に国道7号を南下してこの看板を左折。
f:id:harusakikai:20210911160442j:plain





するとすぐこの看板が。
f:id:harusakikai:20210911160428j:plain






外観
f:id:harusakikai:20210911160438j:plain





看板
f:id:harusakikai:20210911160423j:plain






一言コメント:



・駐車場が増えて、行きやすくなった。



・オイラ、「濃厚煮干そば(マニア向け)」が大好き。でも全メニュー制覇したいので次回は「鶏」をいただきたいと思う。



・弘前または弘前近郊の方へ。同じ「麺屋 一燈」ご出身で盛岡の「めん処 きよ洲」さんが10月以降に「煮干し」のメニューを定番で提供開始!

盛岡にお越しの際は一考の余地あるかも。








番外編



Tシャツ、買っちゃった。
f:id:harusakikai:20210912101213j:plain

お値段は3,700円。サイズはLとXL。色は白と黒の2種類とのこと。

お布施でもいいと思って買ったけど、どこに着て行こう。。



「きよ洲」さん行く時、このシャツ着て行ってみる??見知らぬ方からツッコミ入りそう😅


シャイなオイラにはハードル高いな。。





前回訪問レポ
harusakikai.hatenablog.com






前回訪問レポは限定麺だったので、定番品をいただいた時のレポ
harusakikai.hatenablog.com









それではまた!

プライバシーポリシー お問合せ