主にラーメン こってり系からあっさり系まで

主に岩手・秋田・青森 北東北3県のラーメンのことをメインに書いていきます。

『開運橋通 ふじ原 』「特製醤油そば」'21年11月8日オープン 岩手県盛岡市開運橋通

f:id:harusakikai:20211110071806j:plain





2021年12月12日更新

最新訪問レポ

harusakikai.hatenablog.com

 ↑
更新ここまで。





皆さんこんにちは!





この日はつい最近、2021年11月8日オープンした「「開運橋通 ふじ原」さんを訪問。



オープン当日はムリだったが、翌日に訪問できた( ̄ー ̄)ニヤリ



店名なんだけど公式SNSの店名は「ふじ原 開運橋通り」。インスタのコメントは「開運橋通り ふじ原」。


「ふじ原」が先に来るか、後に来るかの違いだけなんだけど、正式名称はどっちだろ。ま、いいか。。。





オイラがオープンを知ったのは盛岡市月が丘の人気店「に干し屋 -SINCHAN- 」さんのTweetで。


そのTweetでオープン前の「ふじ原」さんが実際に提供するラーメンの写真を見て、「コレは一度食べてみたい!」と思った。


オープン翌日はあいにくの大雨だったり普通の雨だったり。。

かなり時間はずらしたし、混んでいることはないだろう。







お店は一方通行出口に近い有料駐車場の目の前。コレなら雨が降っていても大丈夫♪♫


ただオイラは住所までチェックしていかなかったので、「焼肉 大同苑」さん付近という情報を元に、雨の中フラフラ探してしまった。。



挙句、実はオイラが停めた駐車場の目の前だったというオチ( ̄▽ ̄;)





換気のため?引き戸を開けている店に入ると券売機と格闘している店主様。



この時間だと「材料切れ終了」ということも考えられ、「終わりましたか?」と聞くと「大丈夫です」の回答🙌




てことは券売機、調子悪いのかな??







この日の注文。



特製醬油そば 1,150円



ステキな店内に客はオイラ一人。15時過ぎてるもんね。





まず、着席するとこの状態。
f:id:harusakikai:20211110071819j:plain

料亭か??


料亭知らないけど🤣





しばし待つ。
f:id:harusakikai:20211110071826j:plain

卓上調味料はコショウのみっぽい。









着丼
f:id:harusakikai:20211110071806j:plain

ステキなビジュアル😍


ほんのり、鶏が香ってくる♪♫


上品に感じる香り。





テッペンの具をずらす。
f:id:harusakikai:20211110071743j:plain




チャーシューをメインにして露出。
f:id:harusakikai:20211110071732j:plain





公式SNSの写真でも出てきた、この粉っぽいもの。ずっと気になっていた。
f:id:harusakikai:20211110071756j:plain

目の前でラーメン作っていた従業員さんに聞いたら、粉はかぼすすだち。味変用とのこと。


「おろしがね」で「シャッ、シャッ」と何かを擦ってラーメンどんぶりに飛ばしていた。


かぼすすだちを擦っていたのね。。





●スープ:

f:id:harusakikai:20211110071753j:plain

香りは鶏と醤油。


鶏の香りいっぱいだが、クセは感じられない。スープ飲んでも鶏いっぱい♪♫

でもクセがなく飲みやすいスープ。


醤油はキリっと系とまろやか系のどっちも感じる。どっちかというとキリっと系が強め。醤油ダレと鶏出汁と合体して飲みやすいスープに😋



「こだわり」を拝見すると、南部かしわ・ほろほろ鳥・岩手がもを使用したスープとある。鴨を使ってもクセがないんだ。

また醤油は9種類のブレンドらしい。



気づかなかったけど。気持ちコショウ入ってるかも。食後汗かいて、ちょっと舌ピリピリ。タマネギのニガミ?

分からない🤔






●麺:

f:id:harusakikai:20211110071747j:plain

細麺、ストレート。パッツン。オイラがパシャパシャ写真を撮りながらチンタラ食べていたら、途中からスープに馴染んでくる。コシはしっかり残しながらややしっとり系の食感に。










※客がオイラ一人だからチンタラ食べても許されると思った。






チャーシュー①。
f:id:harusakikai:20211110071809j:plain

豚バラ?

厚さは2~3ミリ?

食感、けっこうしっかりめ。





刻みタマネギ、ニガサが残っているタイプ。
f:id:harusakikai:20211110071816j:plain

煮干し系のラーメンでさんざん分かっているが、けっこう好きな人がいるんだよね。





改めて麺。
f:id:harusakikai:20211110071735j:plain

麺、スープとネギがとても合う😋

ネギは「九条ネギ」とのこと。






チャーシュー②。
f:id:harusakikai:20211110071803j:plain

豚肩ロース。

薄めで噛み切りやすい。





チャーシュー③。
f:id:harusakikai:20211110071759j:plain

鶏モモ。

たぶん厚さは1センチくらいあると思う。

最初豚のモモだと思い込んでて、なんでモモ肉なのにこんなに柔らかいんだろうと思った。


後述に写真載せたが、豚でななく「鶏モモ」。


思い込みってダメだね。。






鴨肉。
f:id:harusakikai:20211110071813j:plain

鴨独特のクセが感じられない。コレには驚いた😲



鴨独特のクセが好きな人もいるかもしれない。逆に鴨独特のクセがニガテな人も少なくない。





店主様とお話しさせていただくことが出来たが、手間かけて鴨のクセを除去しているとのこと。


鴨独特のクセはだいぶ除去されているが、多少は残している。鴨の風味残さないと、鴨でなくてもいいもんね💦


そうはいっても鴨本来の美味しさは健在。






オイラにとって鴨の比較対象としては、秋田県にかほ市象潟にある全国区の有名店「湯の台食堂」さんの限定「東由利産フランス鴨中華そば」。

harusakikai.hatenablog.com




どこの口コミか忘れたが「『東由利産フランス鴨中華そば』を食べてから、鴨が嫌いな子どもが鴨を食べられるようになった」と投稿していた方がいた。


「湯の台食堂」さん以上に鴨のクセが抑えられているので、鴨がニガテな方は敢えて食べてみることをおススメする。


※但し「噓つき!」と言われるかもしれない。この辺は人の味覚はそれぞれなので。。と、オイラの逃げ道を作っておく(`・ω・´)







穂先メンマ
f:id:harusakikai:20211110071750j:plain

柔らか食感。






味玉
f:id:harusakikai:20211110071741j:plain

表面見ると醬油ダレの色に変色していない。


「こだわり」には『和風だしがアクセント』とある。


オイラは「出汁香る、ほんのりやさしい味玉」に感じた。








ごちそうさまでした。


f:id:harusakikai:20211110071738j:plain

最後、味変用の「かぼすすだち」をスープに溶かした。気持ち爽やかな感じになった。ただ劇的に変わるまではいかない。「ほんのり爽やか」という感じだった。






【店舗情報まとめ】

●住所:〒020-0026 岩手県盛岡市開運橋通1−41

***●営業時間:11:00~16:00

***●定休日:不定休

●営業時間:11:00~15:00、17:00~20:00
●定休日:日曜日

※営業時間、定休日更新(21年12月8日)

●席数:カウンター 9、4人掛けテーブル 3
●精算:券売機 現金のみ
●駐車場:なし


地図







券売機(メニュー)
f:id:harusakikai:20211110071828j:plain

「塩そば」はまだ提供開始前。

オープン1週目は「醬油」のみの提供。






「こだわり」
f:id:harusakikai:20211110071832j:plain

※全体的に「岩手県産」を意識されている。







開店祝いの花
f:id:harusakikai:20211110071847j:plain

「に干し屋 -SINCHAN- 」からも来ていた。







外観
f:id:harusakikai:20211110071844j:plain

※店の前に有料駐車場がある。そこから撮影した。








一言コメント:



・公式SNSはTwitterとインスタを利用。現在は不定休なので、たぶん店休日など最新情報を発信していくと思う。



・「中野製麺」と記載されたバットが見えた。麺は中野製麺さんから仕入れているのかも。「ふじ原」さん専用麺なんだろうが、この麺( ・∀・)イイ!!



・「こだわり」いっぱい。行列店になる予感。「塩」が提供され始めたら、また訪問したい。





それではまた!

プライバシーポリシー お問合せ