主にラーメン こってり系からあっさり系まで

主に岩手・秋田・青森 北東北3県のラーメンのことをメインに書いていきます。

『めん処 きよ洲』⑤ つけ麺提供開始「チャーシュー玉子 貝汁昆布水の芳醇つけめん」岩手県盛岡市

f:id:harusakikai:20210801165550j:plain






皆さんこんにちは!






この日は岩手県盛岡市三本柳の「めん処 きよ洲」さんを訪問。







今年(’21年4月)オープン以来、5度目の訪問。





この日の訪問理由はコレ。







8月1日から「つけめん」提供開始♪♫





提供開始は土曜日。オイラは社休日。しかしヨメが仕事でクルマはない。ムスメのチャリを借りてもいいが、運動不足の毎日。


よし!歩いて行こう!!と真夏に歩いて、けっこうな時間かけて到着。まあ、汗ダク😅


食前のいい運動になったわ!!








ということでこの日の注文。




チャーシュー玉子 貝汁昆布水の芳醇つけめん 1,330円




このお値段を見て、「コイツ、ラーメンにそんなにカネかけるのか( ゚д゚)ポカーン」と思った方もいるかもしれない。





カネはそんなに持っていないが、夕飯は極めて質素。


昼に摂り過ぎたカロリーの代わりに夜は少なめ。


その辺で支出のバランスを取っているつもり( ̄ー ̄)ニヤリ





ただ最大の理由は、オイラのブログ見て下さっている方、「きよ洲」さんの新メニューは絶対気になるだろうし、その良さを最大限に伝えられるかもしれないと思ったから。









開店には間に合わなかったが、先客のうちお一人が「つけめん」以外を注文してくださったおかげなのか?後から来たオイラ、他の方と同じタイミングで提供していただけた。


この辺はあくまでタイミングだね。







まずは麺
f:id:harusakikai:20210801165604j:plain

ステキなビジュアル🥰







つけ汁
f:id:harusakikai:20210801165554j:plain

オイラ、今まで「つけダレ」って呼んでたけど、きよ洲さんが「つけ汁」って呼んでいるので、オイラも「つけ汁」って呼ぶことにする(`・ω・´)キリ


反射して見辛いが、アブラ分は少なく見える。




チャーシュー玉子
f:id:harusakikai:20210801165608j:plain

「らぁめん」の場合はラーメンどんぶりに入っている具たち、「つけ麺」の場合は別添えで提供。


「玉子に何かついている」と思った。たぶん鶏チャーシューに付いていた大葉。






柚子
f:id:harusakikai:20210801165557j:plain

別添えで提供。





全景
f:id:harusakikai:20210801165550j:plain





まずは麺をこのままいただく。
f:id:harusakikai:20210801165601j:plain

公式Twitterでの告知通り、「ほのかな塩味」。


練りこんである黒いツブは全粒粉ではなく、小麦の外皮「ふすま」。







小ライスを追加でポチッた。
f:id:harusakikai:20210801165625j:plain





小ライス到着。
f:id:harusakikai:20210801165628j:plain





この写真、麺より「つけ汁」を見ていただきたい。
f:id:harusakikai:20210801165650j:plain

定番の「らぁめん(醤油)」よりアブラ分が少ないのが分かる。






麵リフト
f:id:harusakikai:20210801165639j:plain

麺の食感、かなりのコシ。水でしめているのもあるが公式Twitterによると、「切歯24番の細麺」と記載。






通常の「らぁめん」とは麺の太さが違うみたい。

大変申し訳ないが、オイラにはそこまで気づけなかった😅




かなりコシのある麺と昆布のねっとり感+つけ汁。


他では食べたことない味わい♪♫




また、麺の量は通常の「らぁめん」の1.5倍くらいはあったと思う。





チャーシューオンザライス
f:id:harusakikai:20210801165703j:plain

今回発見したのがコレ。



「つけ汁」を少量つけた豚チャーシューとソースにライスを合わせてみた。


個人的に大ヒット😲









麺に昆布水が絡みついてネバネバ。
f:id:harusakikai:20210801165613j:plain

分かるかな??






鶏チャーシュー
f:id:harusakikai:20210801165659j:plain

コチラもつけ汁につけた後、ライスとともにいただいた。







食べている最中の「つけ汁」。
f:id:harusakikai:20210801165635j:plain

ラーメン食べていると普通、こういう丸みを帯びた部分はアブラなのが一般的。

「きよ洲」さんの場合、コレは「昆布水」。






勝手なオイラの「つけめん」の勝手な先入観。つけめんをそんなに食べていないからかもしれない。


・端的に言うとラーメンのスープを凝縮、そこに別の味を加えて美味しく仕上げている。


・よって、つけ汁自体はラーメンのスープより味は濃いめ。




あくまでオイラの個人的な感想だが、ベースとしている定番の「芳醇ぶたらぁめん(醤油)」よりあっさり。


だけど後を引く美味しさ。


アブラが強くないので、さっぱりいただける。







食べ進めていくうちに、さっきより昆布のドロドロ感が増してきている。
f:id:harusakikai:20210801165620j:plain

「ネバネバ系」は健康にいいと聞いたことある。

きっとオイラは健康食をいただいているはず(`・ω・´)






少量のつけ汁と「黒酢とバルサミコのバターソース」を載せた「チャーシューライス」がバツグンに美味しい😍
f:id:harusakikai:20210801165632j:plain








都度都度「柚子」を投入していたが、麺が少なくなったので多めに投入。
f:id:harusakikai:20210801165707j:plain

更に爽やかに♪♫






味玉を箸で切断
f:id:harusakikai:20210801165646j:plain

塩麴他に漬け込んだ味玉。

味は濃くなく優しい味わい😋





昆布さんのネバネバのおかげで??麺に入っていた昆布水は、いつの間にかここまで減少。
f:id:harusakikai:20210801165655j:plain






f:id:harusakikai:20210801165643j:plain





昆布水は結局、全て「つけ汁」に投入だ!
f:id:harusakikai:20210801165617j:plain

一番大きな理由は、この時点で「スープ割」が出来るか分からなかったから。





ちょうど先客が帰り、片付けをしている従業員さんに聞いたら「スープ割可能」とのこと。
f:id:harusakikai:20210801165717j:plain

聞いてみて良かった🙌




「割スープ」のベースも昆布。
f:id:harusakikai:20210801165727j:plain




この写真、イマイチ。
f:id:harusakikai:20210801165713j:plain




f:id:harusakikai:20210801165724j:plain






罪悪感が皆無。
f:id:harusakikai:20210801165710j:plain

なるべくスープは飲み干さないように気をつけるようになったが、コレは飲み干した。





ごちそうさまでした。
f:id:harusakikai:20210801165721j:plain






卓上調味料
f:id:harusakikai:20210801165731j:plain








券売機(メニュー)
f:id:harusakikai:20210801165734j:plain


※「ほろほろ鳥とぶたらぁめん」は販売終了。







つけめんの「おしながき」
f:id:harusakikai:20210801165737j:plain


興味ある方は写真拡大してみて!


一応要約してみた。

【スープ】
「らぁめん」同様、佐助豚ガラ中心の重厚な清湯スープ


【香味油】
つけめん専用の香味油として「ボルチーニ油」を使用。独特の甘い風味が醤油と合う


【醬油ダレ】
「らぁめん」の醤油ダレをつけめん専用に改良。さっぱりした風味とボルチーニの香りを引き立たせる隠し味でブランデー使用


【貝汁昆布水】
あさりで引いた出汁+根昆布の粘り。麺はそのままでも食べられるように沖縄の塩で味付けしている




麵やチャーシューなどのこだわりも記載されているが、他は初回訪問レポでも記載したので、そっち参照。
harusakikai.hatenablog.com







提供の順番は前後する時がある。
f:id:harusakikai:20210801165741j:plain







【店舗情報まとめ】

●住所:〒020-0831 岩手県盛岡市三本柳12地割20−1 ラ・セイザン 1F
●営業時間:10:00~15:00 材料無くなり次第終了
●定休日:水曜日
●席数:カウンター 6(コの字)
●精算:券売機 現金のみ
●駐車場:店の前4台、第二駐車場7台


地図








外観
f:id:harusakikai:20210801165745j:plain






一言コメント:



・「きよ洲」さん訪問の際にお願いしたいのは駐車場。店の前の駐車場が埋まっている時は、徒歩4分程度の第二駐車場へ停めること。

第二駐車場にはカラーコーンがあるので、そこが指定駐車場。駐車場情報は前回訪問レポや公式Twitter参照。


第二駐車場は民間の月極駐車場。カラーコーンがないところは他の方が借りている。カラーコーンがないところ停めるという「斜め上」の人もいたみたい。カラーコーン、満車で分からなかったのかな。。。




・あまり「つけめん」を食べ慣れていない故か、このような「つけめん」は初めていただいた。「らぁめん」も同様だが、似たような味のお店はない。唯一無二。




・麺の量は通常の「芳醇ぶたらぁめん」より1.5倍はあるはず。「芳醇ぶたらぁめん」は850円で「大盛り」にすると+150円で合計1,000円。「つけめん」は980円だがデフォで大盛り。そう考えると、高いとは思えないような。



・「つけめん」の提供期間は現段階で特にアナウンスなし。



・今までのワンオペ体制から二人体制になったことで、オペレーションは格段に上がったと思う。混雑時間帯には行っていないので詳細不明。ただ、盛岡市南部に行ったら一度は行っておきたいお店。







前回訪問レポ
harusakikai.hatenablog.com










それではまた!

プライバシーポリシー お問合せ