主にラーメン こってり系からあっさり系まで

主に岩手・秋田・青森 北東北3県のラーメンのことをメインに書いていきます。

『麺処 ふか瀬』②「山椒中華蕎麦 +ご飯」岩手県矢巾町

皆さんこんにちは!




この日は岩手県矢巾町の「麺処 ふか瀬」さんを訪問。




「煮干らー麺 シロクロ」から「麺処 ふか瀬」と店名、メニューを改めてリニューアルオープンしたのが2021年8月中旬。



オイラは店名改めた直後に訪問。




その後、かなりご無沙汰。。。

「全メニュー制覇したい」などと言っておきながら「麺処 ふか瀬」になってから2度目の訪問。。










この日の注文。



山椒中華蕎麦 850円

ご飯 100円





着丼

着丼と同時にスパイスっぽい香り。

コレが山椒の香りなのかな?



センターのナルトは「中華蕎麦」のネーミング故か??


郷愁を誘うナルトと、流行りの低温調理チャーシューが混在しているコントラスト。






ご飯

完全にピンボケだ。。。





全景






ちょっと具をずらす。

チャーシューは2枚。どちらも豚。またしてもピンボケ( ;∀;)

青ネギがそれなりの量入っている。他に長ネギ。

穂先メンマ、海苔。





●スープ:

着丼時にはカレーなどで使われるスパイスっぽく感じた香り。レンゲを口に近づけると、山椒の香りだ。


スープ一口飲むと香りとは裏腹に、すっきりした爽やかな味わい。シビれ系の辛さはほんのり。

動物系アブラもしっかりと感じる。辛いのニガテなオイラでも、多少は大丈夫そうなシビれ。


新しいタイプの中華蕎麦。





●麺:

「ふか瀬」さんは自家製麺。やや平べったくも感じる太めの手揉み麺。

こういう麺を見るとゴワゴワ食感を想像しがち。でも違う。


表面ややムニッと、それでいてコシはしっかり。







いろいろな具をご飯へ避難。

「ふか瀬」さんのご飯は100円。けっこう盛りはいい方だと思うので嬉しい🥰






チャーシュー

低温調理の豚肩ロース。





豚バラ。

後述する「お品書き」見るとスモークしているって。


豚さんチャーシューの異なる2つの味わいと食感😋





スープをご飯に投入。

結局、コレをやりたかったの😄







美味しい






ごちそうさまでした。





卓上調味料




券売機(メニュー)






「お品書き」






ちょっと気になったので「ぶどう山椒」について調べてみた。

botanica-media.jp

引用:BOTANICA(ボタニカ)様

※利用規約に「条件を満たしている限り,自由にリンクを貼る事ができます」と記載。



ぶどう山椒の特徴としては。。

香り:柑橘系+甘い香り

風味:ピリッと刺激的

みたい。

山椒にもいろいろあるのがよく分かった。








【店舗情報まとめ】

●住所:〒028-3614 岩手県紫波郡矢巾町又兵エ新田第7地割8−9
●営業時間:
平日 11:30~18:30、
土曜・祝日 11:30~15:00
●定休日:日曜日(他に数日。日曜日以外の休み、臨時休業など全ては公式Twitterで発信)
●席数:カウンターのみ12
●精算:券売機 現金のみ
●駐車場:店の前8台、第二駐車場(焼肉三平さん向かい) 4~5台



地図






入口





外観






一言コメント:



・【店舗情報まとめ】でも記載したが、臨時休業以外にも最近は週替わりで限定麺を提供。その辺りも全ては公式Twitter参照。



・結局オイラは途中から汗ダク。ただすっきり爽やか系のシビれというのは新たな発見😲



・訪問したのは1月の限定麺「豚ラーメン」提供初日。「売り切れ」のTweetなかったので遅い時間だけど行ってみたらやっぱり終了していた。定番メニュー制覇してないので、ちょうど良かったのかも。



・ぢつわ、、、オイラの体調なのか思い出補正なのか、オープン直後にいただいた「特製中華蕎麦」より、後半になればなるほど塩分濃度が高めに感じられた。「ふか瀬」さんクラスのラーメン屋さんだと、気づいたらスープを飲み干していることがしばしばあるが、今回は飲み干さなかった。

と思ったら、オイラ訪問の数日後に以下のTweetが。

ということで、今は塩分濃度はやや下がっているみたい。



・ちょっとキタナイ話だが、しばらくゲップが山椒(爽やか系)だった(ネガティブな意味ではない)。





前回訪問レポ
harusakikai.hatenablog.com







それではまた!

プライバシーポリシー お問合せ