主にラーメン こってり系からあっさり系まで

主に岩手・秋田・青森 北東北3県のラーメンのことをメインに書いていきます。

『麺屋いおり』④「極煮干そば+和え玉」岩手県盛岡市中央通




皆さんこんにちは!







この日は盛岡市中央通の「麺屋 いおり」さんを訪問。





盛岡市大通界隈でラーメン食べることはあまりないんだけど。。



同僚の「美味しいラーメン食べたい!どこか行こ!!教えて!!!」とのおコトバ。

さすがに「どうぞご自由に~~👋」とは言えない( ̄▽ ̄;)

いくつか候補を挙げた中、「麺屋いおり」さんに行くことで落ち着いた。オイラは2021年1月以来、約1年半ぶりの訪問。






だいぶ混雑時間帯とはずれた時間に訪問のため、空いていた。







この日の注文。



極煮干そば 800円

和え玉(煮干) 200円

※和え玉は煮干か鶏、どちらかをチョイス。







着丼

この段階で煮干しの香りがいっぱい♪♫





近づく





チャーシューを広げる。

ロースの低温調理っぽい。





もう一方のチャーシュー。

コチラはコロっとしたバラっぽい。


断面の下の方に、炙ったまたは焼いたような形跡がある。





●スープ:

レンゲ近づけると、煮干しの香りが更に強くなる。

ドロッとした粘度。「いおり」さんのドロッとスープ、久々だ🥰




ただ、コレは間違いなくマニア向け。一般の方が好むかは分からない。





●麺:

やや細め、丸みを帯びたタイプ。パッツン食感がドロッとした煮干スープに合う😋

麺を拡大すると分かるが、ドロっとスープがかなり麺に引っ張られているのが分かる。








ザク玉入りスープ

タマネギ、相変わらず得意ではない。しかし煮干しスープに浸して食べることで、比較的抵抗なく食べられている。


オイラでも抵抗なく食べられているので、濃厚煮干し系のスープとザク玉の相性はやっぱりいいんだろう。






海苔と麺

ドロッと煮干スープを浸した海苔と麺。着丼時より海苔の香りが一層増したような気がする。

つか、麺が引っ張っているスープの量、こっちの方が分かりやすい。






穂先メンマ

やべ、味忘れた( ̄▽ ̄;)

当然コリっとしているが、噛み切りやすかった。

また味付けも上品な感じだったと記憶している。。





チャーシュー

コロっとした豚バラ。

食感しっかりめだが、簡単に噛み切れる。







スープの粘度

写真では分かり辛いな。。こういう時、やっぱり動画の方がいいな。。。


また、この時点でスープの量はけっこう減っている。そりゃあコレだけドロッとしていたらねぇ。


系統は全く違うが、天下一品でスープ飲んでいないのに、完食するとあまりスープが残っていないのと同じ事象。







和え玉到着






ちょっと回転

けっこうな量のコロチャーシュー、ザク玉、煮干し。





混ぜた

麺は「極煮干そば」と同じものかと思われる。





まずは「まぜぞば風」でいただく。

コチラもパッツン食感。タレも十分入っているので、いっぱい絡んでくれる♪♫

タレは煮干以外に動物系のも入っていると思う。

少なくとも「極煮干そば」よりは一般ウケするはず。






続いて「つけ麺風」で。

ラーメンのスープ自体、あまり残っていないので、ちょっとだけ「つけ麺風」を堪能。




コロチャーシュー

「極煮干そば」についていた豚バラチャーシュー同様、表面炙っているか、焼いているのか。





全ての麺をラーメンどんぶりへ投入。






もともとドロッとスープだったので、あまりラーメンぽくはならない( ̄▽ ̄;)






もともとがドロドロだったスープが「トロっと」したタイプにやや変化。








最後まで具がいっぱい😋






ごちそうさまでした。






同僚の注文。

特製煮干らぁめん 1,000円

(だったと思う)


コチラの麺は平打ちのピロピロタイプ。







卓上調味料など





券売機(メニュー)




お品書き

券売機の隣にある。




今日の気まぐれ丼

お品書きの更に隣にある。





【店舗情報まとめ】

●住所:〒020-0021 岩手県盛岡市中央通1丁目10−6
●営業時間:11:00~15:00、20:00~1:00
●定休日:不定休(公式Twitter参照)
●席数:カウンター 6、4人掛けテーブル 2
●精算:券売機 現金のみ
●駐車場:なし





地図









外観






一言コメント:



・公式SNSはTwitterを利用。営業時間や限定麺など毎日更新。場所柄、感染症の拡大具合や人の流れで営業時間を変更する時がある。



・「極煮干そば」+「和え玉」。最後のラーメン風で食べ尽くすまで、いろいろな楽しみ方がある。



・会社から徒歩圏内で行くランチの場所ではないので、訪問頻度は低い。しかし近くにあったら訪問頻度は高くなること間違いないお店。











前回訪問レポ

harusakikai.hatenablog.com


harusakikai.hatenablog.com







それではまた!

プライバシーポリシー お問合せ