主にラーメン こってり系からあっさり系まで

主に岩手・秋田・青森 北東北3県のラーメンのことをメインに書いていきます。

麺屋 とろも 青森県青森市

訪問日:9月6日(金)

券売機

丸鶏煮干しラーメン 中 650円




皆さんこんにちは!


この日は青森市郊外、国道7号バイパス沿いの『麺屋 とろも』さんにお邪魔しました。


ここのウリは、外から見ると自家製麺と天然だし、らしい。


立地はホテルルートイン 青森中央インターそば。青森市の中心部から、かなり離れている。
オイラはそこに泊まること多いので気にはなっていたが、昼時にこの辺にいることはない。
今回いろいろあって、訪問できた。


初訪問のお店で事前調査なしの場合、券売機ってけっこうハードル高いよね。
なのでオイラ、ブログの冒頭に券売機設置の有無を記入してた。


今回、予習なしで券売機のお店。そういう場合は左上が基本かな。。。
ということで、左上付近だった(と思う)『丸鶏煮干しラーメン 中』をポチる。


券売機撮影していいか聞いたところ10月の増税で、いろいろメニュー変更を考えているとのことで
券売機の撮影は辞退。


食券買って着席前に店員さんに渡すと番号札をいただく。


しかし着席して待っている間、ラミネートされたメニュー表があったので写メらせていただいた。
増税後はどう変わるんだろう。。。


メニュー以外にもラミネートでこのお店のこだわりがいろいろ。
f:id:harusakikai:20200405161617j:plain


拡大して見ていただきたいが、オイラが気になったのは

1.スープ:完全無添加
2.自家製麺で全粒粉入り
3.メンマ:無添加、無漂白。正直、メンマにこだわっているお店さん、少ない気がする。間違ってたらすいません。
 メンマにこだわっているラーメン屋さんといえば盛岡の南隣、矢巾町の『タイジ』を思い出す。
 しかし最近行ってないので写真はない。
4.『コンセプト』にある、女性一人でも入れるお店づくり。確かにシャレている。
 券売機の撮影許可依頼をした際に応対いただいたのは、責任者らしき女性。
 どの業界もそうだろうが、女性目線て大事なんだろうね。



14時過ぎなのに続々来客あり。この時間・立地でお客さんが続々来ることに驚き。
こだわりに記入されていた通り、女性一人での来店も。


で、着丼。



・スープ:

煮干しは十分感じられる。鶏のオイリーな感じも十分。決してあっさりではない。
 落ち着く一杯という感じ。

・麺:

中太?ツルツルモチモチだがしっかりとした芯がある。ラミネートされている『こだわり』にあった通り、全粒粉が練りこまれているのがわかる。

・ニク:

ブタ モモ二枚


麺リフトしたが、全粒粉がお分かりいただけると思う。


『尖った』特徴はないが、こだわりが感じられた。ブームになることはないが、いつ行っても安心の味、という感じなんだろうと思う。
また訪問したいと思った。これはリピーター多いわ。高齢の方も好きだと思う。
若い人はつけ麺や爽辛ラーメンをオーダーしている人もいた。

【店舗情報まとめ】
・住所:青森市第二問屋町2丁目1−23(目印はルートイン青森中央インターのちょっと先、国道7号バイパス沿い)
・席数:8席くらい×2(真ん中通路、両脇に壁に向かってカウンター)
・駐車場:11台。バイパスから奥に入るので、停めやすいと思う。写真参照。
・営業時間:10:30~15:30
・定休日:日・祝


駐車場の案内




メニュー
f:id:harusakikai:20200405161625j:plain



外観





地図





それではまた!

プライバシーポリシー お問合せ