主にラーメン こってり系からあっさり系まで

主に岩手・秋田・青森 北東北3県のラーメンのことをメインに書いていきます。40代就職氷河期世代、節約のために土日は外食あまりせず。

柳家 フェザン2号店 盛岡名物?キムチ納豆ラーメン 岩手県盛岡市

訪問日:11月1日(金)

キムチ納豆 980円 税込


皆さんこんにちは!


例年より1週間以上遅いがMy社用車、昨日スタッドレス装着完了。今シーズンは初雪が遅く、まだ降っていない。良かった♪


さてラーメン。

一昨年、盛岡駅ビル『フェザン』はリニューアルオープンした。もともとあったフェザン地下の柳家さん、リニューアルオープンしたフェザンの1階にも開店。同じビルの地下と1階に『柳家』さんが存在している。


今回オイラは地下の『柳家』さんを訪問。
前からあるのにこちらの店舗がなぜか『フェザン2号店』。。。


かなり久しぶりなので、王道メニュー『キムチ納豆』をオーダー。
ホント数年ぶり。


なぜしばらく行かなかったか?
けっこうお値段、高めなんだ。理由は自社農場で小麦を栽培している。公式HPにも載っている。しかもけっこうボリューミー。なのでお値段高めなのは仕方ない。


相変わらず前置きが長くなった。


着丼

着丼とともに納豆の香りが漂う


この丼だけ見ても、ボリューム感が分からないと思う。
かなりデカいんだ。

丼がデカいだけでなくヤサイも多い。生卵も入っている。


・スープ:着丼から納豆の香りが漂う。納豆嫌いは厳しいか?でもスープ飲むと、そんなに納豆感はない。キムチと納豆がいい感じにコラボしている。これからの寒い時期、辛いの食べて暖まるのもいいかもしれない。
・麺:太麺。ツルツル・モチモチ。
・具:ヤサイはいろいろ入っている。モヤシ、ネギ、コーン、ダイコン(カクテキ)。その他豚バラ(コマかも)。しかし納豆は具の存在感なし。ひきわりなんだろうが、スープ・他の具材に紛れて、納豆を食べている感覚は全くない。食後の口の中、若干のネバネバ感あり。スープかなり飲んだからだろう。二郎系ではないが、とにかくヤサイが多い。


麺リフト


iphone7と丼の比較。丼の大きさがお分かりいただけると思う。


こんなカクテキがゴロゴロ入っている。



メニュー

この店舗限定のメニューもある。
その名も『はやぶさ』『こまち』『SLブラック』。
はやぶさ』『こまち』は新幹線から、『SLブラック』は震災後、花巻⇔釜石間でSL走らせ始め、そこから引用したんだと個人的に思っている。


また帰り際、キムチ納豆の『小』と通常品の違いをレジのお姉様に聞いてみた。
麺の量は同じで、ヤサイの量が3分の1なんだって。


【店舗情報まとめ】
・営業時間:11:00~21:30(L.O.21:00)
・定休日:なし(だと思う)
・駐車場:なし
・席数:カウンター4、4人掛けテーブル 2、6人掛けテーブル 2 (ただし6人座ると窮屈だろう)


卓上調味料


入口ドアにある営業時間案内


外観



地図




駅ビル『フェザン』1階にも柳家さんはあるが、1階では盛岡3大麺のひとつ『じゃじゃ麺』をおススメしたい。
しかし3回食べないと、良さが分からないとも言われている。


harusakikai.hatenablog.com


それではまた!

プライバシーポリシー お問合せ