主にラーメン こってり系からあっさり系まで

主に岩手・秋田・青森 北東北3県のラーメンのことをメインに書いていきます。

『じゃじゃ麵(麺や)おもり』②「本日の気まぐれ中華(鶏二郎)」 岩手県雫石町

f:id:harusakikai:20210512225859j:plain







皆さんこんにちは!








この日は岩手県雫石町の「「じゃじゃ麵おもり」さんを訪問。






この「おもり」さんについて



・店名に『じゃじゃ麵』と謳っているが、じゃじゃ麺以外にお蕎麦・ラーメンも提供している、とても器用なお店。



・毎日公式FBを更新。ラーメン屋さんではないのに、翌日提供予定の限定麺(ラーメン)2~3種類と限定ミニ丼を告知。



・上述通り定番メニューにじゃじゃ麵・お蕎麦・ラーメンあるのに、定番以外の限定麺を目指して訪問したいオイラ。いや、定番メニューも食べてみたいんだけど、それ以上に限定のラーメンが気になるの。。



・だいぶまばらだが、「雫石ラーメンストリート」の一角にある。都会の方からは「違うだろ😠」、秋田市の方は「手形の方が全然上だな🤨」など、いろいろなツッコミを期待している( ̄ー ̄)ニヤリ









ということで、この日の注文。






本日の気まぐれ中華

プレミアム鶏二郎 800円


※通常の「気まぐれ中華」は700円。「プレミアム」は100円アップにしたみたい。

また「ヤサイマシ」はやっていないとのこと。







オイラは注文するもの決めていたので、メニュー見ずに着席直後に注文。


直前に入ったカップルさんの注文の一つも「プレミアム鶏二郎」。しかしどうやらオイラで最後だったらしい。彼氏さん、ごめんよ(m´・ω・`)m …






待っている間に、セルフコーナーから魚粉と天かすを持ってくる。
f:id:harusakikai:20210512225922j:plain


前回訪問時に学んだ。


従業員さんから案内はないので、セルフコーナーがあるのは覚えておいた方がいい。


味変の準備OK😤








着丼
f:id:harusakikai:20210512225859j:plain


なかなか「ソレ」っぽいビジュアル😋





横から
f:id:harusakikai:20210512225852j:plain





上から
f:id:harusakikai:20210512225926j:plain

ニンニク、フライドオニオン、キャベツ、モヤシなど。


フライドオニオンがとっても多い。






スープ:

f:id:harusakikai:20210512225903j:plain

非乳化、動物系アブラは感じる。だけど甘めの醤油とメニュー名通り鶏のアブラがメインなんだろう。二郎系にしてはあっさり。普通の中華そばと比較すると、当然こってり。見た目ほど塩分濃度も高くは感じない。また鶏感もそれほど強烈ではないので、けっこう万人ウケしそうなスープ。








ザツに天地返し
f:id:harusakikai:20210512225916j:plain

麺は平打ちの極太。





ここで天かす投入!
f:id:harusakikai:20210512225909j:plain

そこまで濃くはないスープ。

それ故か??天かすとスープの相性、なかなかいい😄






続いて魚粉も投入!!
f:id:harusakikai:20210512225919j:plain

スープと魚粉、かなり相性がいい♪♫

バツグンだ😍






全部投入!!
f:id:harusakikai:20210512225906j:plain








ようやく麵リフト
f:id:harusakikai:20210512225849j:plain

●麵:

極太、平打ちのワシワシ系。表面ツルっと。写真撮りながらだったので、スープ吸って途中から若干ムッチリ感。業務用っぽいがこの麺、なかなかいい😋


スープは違えど、二郎系にはやはり極太が合う。







チャーシュー
f:id:harusakikai:20210512225855j:plain

豚バラ、ロール。しっかり食感。

店主様の所作をみていたら、冷蔵庫に入っていた市販のポリ袋からチャーシューを出していた。自家製か??


またモヤシは、芯がありすぎでもクタッてもおらず、ちょうどいいオイラ好みの食感。







ごちそうさまでした。
f:id:harusakikai:20210512225913j:plain

たぶん豚の背アブラはないと思う。まあ、メニュー名は「鶏」だしね。






卓上調味料
f:id:harusakikai:20210512225846j:plain

手前2種類の中身はニンニクと辛み。






メニュー①
f:id:harusakikai:20210512225938j:plain

「じゃじゃ麵」は他県に引っ越すと、ホント食べられるお店が少ない。


ハマると毎週食べたくなるくらいのモノ。

実はオイラ、ほぼ毎週じゃじゃ麵を食べていた頃があり、その最中に東京へお引越し。食べたくて夢にまで出てきたことある😣


今でこそ通販が発達しているが、オイラが東京いた頃は世田谷区に1軒あったが江戸川区に住んでいて、遠すぎて行けなかった。。







メニュー②
f:id:harusakikai:20210512225934j:plain

お蕎麦。豚と鶏、どっちも気になる。いつかは食べたい。






肉そばの食べ方
f:id:harusakikai:20210512225930j:plain






ちーたん
f:id:harusakikai:20210512225941j:plain






【店舗情報まとめ】

●住所:〒020-0502 岩手県岩手郡雫石町板橋74−2
●営業時間:11:00~14:30
●定休日:水曜日
●席数:カウンター 4、他に4人掛けテーブルと座敷、いくつかある。
●精算:後払い 現金以外にPayPay可、公式FBにはクレジットカード可と記載あり
●駐車場:店の前、脇 10台以上





地図





入口横の表示


営業時間、定休日
f:id:harusakikai:20210512225945j:plain




他に限定麺、日替わりミニ丼も記載。
f:id:harusakikai:20210512225948j:plain











一言コメント:



・罪悪感の少ない二郎系。



・実はオイラの前に訪問したけど食べられなかったカップルさんだけでなく、後続の客もけっこう「プレミアム鶏二郎」を注文⇒終わりです、が続いていた。気になる方であの辺行く際は、前日に公式FBチェック、早めの訪問をおススメする。



・オペレーション上問題なければ、800円のまま定番化してもいいと思うんだけどなぁ。。。天一みたいなドロドロ系はあるが、よく考えたらあの辺に二郎系はない。エリア特性上、客層は高齢の方の構成比が少なくないような気がする。メニュー写真と麺・ヤサイの重量を掲示したら「少なめ」にして安心して注文する人もいると思う。


今でも十分差別化できているが、フラッと行って普通に二郎系があるっての、個人的にありがたい。あ、でもお蕎麦も食べたいんだった💦







前回訪問レポ
harusakikai.hatenablog.com





それではまた!

プライバシーポリシー お問合せ