主にラーメン こってり系からあっさり系まで

主に岩手・秋田・青森 北東北3県のラーメンのことをメインに書いていきます。

『めん処 きよ洲』⑲「サバとオリーブオイルの ぶたらぁめん」※新メニュー提供開始!  岩手県盛岡市三本柳




皆さんこんにちは!







この日は盛岡市三本柳の「めん処 きよ洲」さんを訪問。




10月26日、公式Twitterに以下の告知。






新レギュラーメニュー 登場!!


コレは早めに行きたい!と思った。




結果、提供初日に訪問♪♫





ブログには🆙していなかったが「きよ洲」さんへの訪問は約1ヶ月ぶり。



その時一番の目的は、秋田でちょくちょくランチをご一緒している取引先さんに「きよ洲」さんの「貝汁昆布水の芳醇つけめん」を味わってもらうこと。


結果、大絶賛をいただいてオイラも嬉しい限り😊


この時、オイラは定番メニューの「芳醇貝汁ぶたらぁめん(塩)」をいただいた。


※どちらのメニューも過去にブログアップしたことあったので、あえてブログアップして1記事にはしなかった。しかし一応、Twitterに投稿。

https://twitter.com/harusakikai1/status/1572933037163446274









この日の注文。





特製サバとオリーブオイルの ぶたらぁめん(塩) 1,100円

小ライス 100円


客はいたが全て食べている=提供完了。



店主様が厨房から券売機前にいるオイラの方向へ。




オイラ「ご無沙汰しています!新メニュー食べに来ました( ̄ー ̄)ニヤリ」


店主様「ブログに変なこと書かれないようにしないと」


オイラ「んなこと書かないっすよ🥺」


などと二、三言会話を交わす。




新メニューには、ド定番の「芳醇貝汁ぶたらぁめん」同様、「塩」と「醤油」から選択。



店主様の話を聞くと、当然どちらもサバとオリーブオイルが入っている。


・「塩」はサバ感強めでオリーブオイル+佐助豚のスープの美味しさをストレートに感じられる。


・「醤油」はよりオリーブオイルを感じられる+いろいろ入っている複雑な味わいのスープ。



「サバ缶」は大好きなオイラ、迷わずサバをいっぱい感じられそうな「塩」をチョイスだ(`・ω・´)


※店主様のコメントから、オイラの拙い記憶を辿って文字起こし。店主様の言いたいこととは多少違っているかも( ̄▽ ̄;)






着丼

最初、香りはサバ。




別の香りもしてくる。

コレがオリーブオイルの香りかな?普段パスタ系は家でちょくちょく作っている。その際、オリーブオイルの香りって意識したことなかった。






小ライス到着して全景






チャーシュー

「特製」は2種類のチャーシューが各2枚。

他の定番メニュー同様、豚モモチャーシューには「ソース」が載っている。





具材

水菜、赤玉ねぎ、フライドエシャロット、白ネギ、穂先メンマ。

POPの丸写し( ̄▽ ̄;)

※この写真にはメンマは写っていない。






●スープ:

レンゲ近づけると、サバの香りが強くなる。でもしつこいってほどではない。サバ好きなオイラにとっては「かぐわしい」と言っていい香り🥰


佐助豚の出汁、清湯(ちんたん)スープとサバ節・オリーブオイル。いろいろなアブラ分が混ざってしっかりめの味わい。決して「あっさり」ではない。


で、スープを飲み進めていくとサバ以外の味を感じるようになる。たぶんオリーブオイル。


完全にオイラ好みで最初に「塩」を注文して良かった😋


「塩」と「醬油」のチョイス、コレはホント、個人の好みによると思う。





※遥か遠い昔、受験勉強で知って今でもたまに使える単語:「香(かぐわ)しい」

コレの反対語は「臭い」。「臭い」は日常で番うが、反対語って何?と聞かれると「ぐぬぬ」となる人いるかと思う。

参考まで。






●麺:

気持~~ち「芳醇貝汁ぶたらぁめん」より太めにみえる自家製麺。

パッツンではないがしっかりめの食感。小麦香る😊


表面のツブは全粒粉ではなく「ふすま(小麦の外皮)」。


全粒粉:小麦全体をひいたもの

ふすま:小麦の表皮の部分


引用:じゃぱん 日本のパンを「たべる」と「つくる」で応援するサイト
胚芽・全粒粉・ふすまはどう違う?パンに使われる胚芽・全粒粉・ふすまの違い | じゃぱん 日本のパンを「たべる」と「つくる」で応援するサイト







海苔とライス

スープに浸した海苔とライス。しっかりしたスープなので、「海苔巻きご飯」といった味わい😋

「特製」は海苔が3枚付いているのも嬉しい♪♫






具材を沈める。






低温調理の鶏ムネ

「きよ洲」さんではお馴染み、塩麴に漬け込んで大葉をまとって柔らかい鶏ムネ😋





具材とスープ





豚モモチャーシュー

表面の赤いものは、バルサミコ酢とナンプラー入りのトマトソース。

すっきりした酸味。





穂先メンマ

ピントずれすぎ( ̄▽ ̄;)





味玉

「きよ洲」さんの味玉をいただくのは、かなり久々かも。

塩麴に漬け込んだ味玉。

オイラが特に感じたのは「黄身」に味が染みこみ、まさに絶品だ🥰🥰






サバ節のおじや風ライス♪♫

シンプルにサバの味わい♪♫






ごちそうさまでした。







券売機(メニュー)

※1,000円札1枚のみ入れた時点。




券売機脇





お品書き(卓上にある)







「特製」と「チャーシュー玉子」との違い


※写真は過去記事の流用。

・特製:海苔3枚、味玉1個、豚と鶏のチャーシュー各2枚

・チャーシュー玉子:味玉1個、豚と鶏のチャーシュー玉子各3枚






店内の写真①





店内の写真②

店主様にOKいただき過去訪問時に撮影したもの。




【店舗情報まとめ】

●住所:〒020-0831 岩手県盛岡市三本柳12地割20−1 ラ・セイザン 1F
●営業時間:10:30~14:30(L.O.)、18:00~20:30(L.O.)
※水曜日のみ11:30オープン
※日曜日のみ夜営業なし
●定休日:不定休 ※臨時休業はSNS参照
●席数:カウンター 6(コの字)
●精算:券売機 現金のみ
●駐車場:店の前4台、第二駐車場5台



地図





第二駐車場情報






外観






一言コメント:



・公式SNSはTwitter、インスタ、Facebookを利用。詳細長文はブログも活用。ブログはTwitterのリンクから飛べる。休業日や限定メニューなど発信している。最新情報はソチラ参照。



・サバ水煮缶の調理が大好きなオイラ。盛岡近郊で「サバ」を訴求したラーメンて、トマトに合わせたお店がある。また近県だと弘前に1店舗あるが、10月いっぱいで終了。けっこうレア。

次は「サバとオリーブオイルの ぶたらぁめん(醬油)」に「チーズリゾット」を合わせてみたい♪♫



・何食べても美味しい。まだ行ったことない方はまず「芳醇貝汁ぶたらぁめん」を食べてみていただきたい。ジュルっと粘度がOKなら「貝汁昆布水の芳醇つけめん」もおススメ。






前回訪問レポ
harusakikai.hatenablog.com









それではまた!

プライバシーポリシー お問合せ