主にラーメン こってり系からあっさり系まで

主に岩手・秋田・青森 北東北3県のラーメンのことをメインに書いていきます。

『元祖盛岡タンメン 山本』「濃厚エビ塩ラーメン+半ライス+小籠包SET」岩手県盛岡市下太田

f:id:harusakikai:20220211104602j:plain







皆さんこんにちは!





この日は盛岡市下太田の「元祖盛岡タンメン 山本」さんを訪問。




以前、盛岡市門(かど)にあった時に数回訪問。当時から辛い系のラーメンがウリだったはず。







その時のラーメンがコチラ。

f:id:harusakikai:20220217210551p:plain
2013年10月訪問時


何をいただいたのか、全く覚えていない( ̄▽ ̄;)



でもGoogle Photoで調べたら、間違いなく当時の場所で撮ったのは間違いない(`・ω・´)










いろいろ調べたら、現在の場所に移転したのは2017年3月。


オイラは移転後初訪問。








この日の注文。




濃厚エビ塩ラーメン 880円 ⇒ 550円(ランチパスポート使用)

半ライス 165円

小籠包SET 253円


※「ランパス」を利用した際、「他に1品」を心掛けているオイラ。今回は半ライスと小籠包を注文してみた。


小籠包はランパスでもおススメしていたので😄






着丼
f:id:harusakikai:20220211104602j:plain

着丼と同時に海老の香りいっぱい♪♫






半ライス
f:id:harusakikai:20220211104605j:plain





全景
f:id:harusakikai:20220211104610j:plain


彩り豊かなラーメンだ😍


小籠包は10分くらいかかるとのことで、この時点ではお預け。






●スープ:

f:id:harusakikai:20220211104629j:plain

レンゲを近づけると、更にエビの香りがいっぱい♪♫

一口飲むと、エビ~~!!と言いたくなるくらいのエビ感🥰






●麺:

f:id:harusakikai:20220211104541j:plain

中太でやや縮れ。コシはしっかりめ。

麺を持ち上げる度に、干しエビが絡む。


スープ以外にもエビを堪能できる♪♫








※「干しエビ」と「桜エビ」の違いについて、ちょっと調べてみた。

・干しエビ:エビを乾燥させたもの

・桜エビ:エビの種類の一つ


ざっくり、こんな感じっぽい。



ということで「この干したエビ」。

とりあえず、この記事では全て「干しエビ」で統一することにした(`・ω・´)






再度スープ
f:id:harusakikai:20220211104549j:plain

けっこうニラとの相性がいい。

ややザラっとするものを感じる。


エビの粉末とか、入れているのかな?





具と麺
f:id:harusakikai:20220211104615j:plain

どこまでもエビさん♪♫





エビ
f:id:harusakikai:20220211104546j:plain

オイラにエビの種類は分からない。

やはりこの大きさのエビさんは、香りとプリプリ感がたまらない🥰





ここまで濃厚だと、絶対コレが合う(`・ω・´)
f:id:harusakikai:20220211104623j:plain

おじや風♪♫


「エビ出汁茶漬け」でもいいかな🥰





干しエビ、盛りだくさん♪♫
f:id:harusakikai:20220211104543j:plain





当たり前だけど、ラーメンのスープは激減。
f:id:harusakikai:20220211104538j:plain





味玉
f:id:harusakikai:20220211104613j:plain





エビとライス
f:id:harusakikai:20220211104559j:plain





小籠包
f:id:harusakikai:20220211104621j:plain

この段階で、ようやく小籠包が到着だ🙌

刻みショウガが付いてくる。





フタを開ける。
f:id:harusakikai:20220211104557j:plain

湯気、分かる??





f:id:harusakikai:20220211104554j:plain

なんか、本格的♪♫






包まれている小籠包から滴り落ちる肉汁ジュワ~~。

どうにか写真に収めたい。
f:id:harusakikai:20220211104607j:plain

アカン😭😭





小籠包の断面
f:id:harusakikai:20220211104618j:plain

まあ、アレだ。


写真では表現できないが、肉汁ジュワ~~だったのは間違いない。





小籠包を切断した後の醤油。
f:id:harusakikai:20220211104551j:plain

このアブラ分で肉汁を推測していただきたい。





ごちそうさまでした。
f:id:harusakikai:20220211104626j:plain







卓上調味料
f:id:harusakikai:20220217221827j:plain




【店舗情報まとめ】

●住所:〒020-0051 岩手県盛岡市下太田林崎166
●営業時間:11:00~15:00、17:00~21:00(L.O.ともに30分前)
●定休日:水曜日 他に臨時休業あり
●席数:カウンターのみ13くらい(壁向き含む)

※ランパスには26席と記載。奥の方に席があるんだと思う。

●精算:後払い 現金のみ
●駐車場:店の前



地図








メニュー①
f:id:harusakikai:20220211104704j:plain

ココでオイラが驚いたのは「タンギョウSET」と「タンカラSET」。


青森市でも「タンギョウ」、「タンカラ」のSETを提供するお店がある。


harusakikai.hatenablog.com

コチラは「タンチャン(炒飯)」まである。


この呪文を盛岡市で見ることが出来るとはビックリ。

しかも盛岡市在住のオイラが先に「タンギョウ」というネーミングを知ったのは青森のお店。。




メニュー②
f:id:harusakikai:20220211104706j:plain

オイラがいただいたのは、コチラの「小籠包SET」。




メニュー③
f:id:harusakikai:20220211104717j:plain



メニュー④
f:id:harusakikai:20220211104711j:plain



メニュー⑤
f:id:harusakikai:20220211104652j:plain




メニュー⑥
f:id:harusakikai:20220211104634j:plain



メニュー⑦
f:id:harusakikai:20220211104658j:plain




メニュー⑧
f:id:harusakikai:20220211104641j:plain



メニュー⑨
f:id:harusakikai:20220211104644j:plain



メニュー⑩
f:id:harusakikai:20220211104709j:plain



メニュー⑪
f:id:harusakikai:20220211104655j:plain



メニュー⑫
f:id:harusakikai:20220211104701j:plain



メニュー⑬
f:id:harusakikai:20220211104647j:plain



メニュー⑭
f:id:harusakikai:20220211104714j:plain




メニュー⑮
f:id:harusakikai:20220211104636j:plain



メニュー⑯
f:id:harusakikai:20220211104639j:plain



メニュー⑰
f:id:harusakikai:20220211104650j:plain



ここまでメニュー撮ったの、初めてだと思う。







テイクアウトもやっている。
f:id:harusakikai:20220211104722j:plain




外観
f:id:harusakikai:20220211104720j:plain






一言コメント:



・いくら「ランパス」とは言え、この食材で550円でいただけるのは申し訳ない。半ライスと小籠包を注文して、利益面でも多少貢献できたと思いたい。



・空いている時間に訪問したからか、、小籠包の提供までにはかなりのタイムラグ。せいろで蒸しているので仕方ない。しかし美味しい。肉汁ジュワ~~!

急いでいる時には注文しない方がいいが、かなり美味しい😋



・オイラの様に、「辛いメニュー」のイメージ先行で避けていた方。辛くないメニューもけっこうあるよ!







それではまた!

プライバシーポリシー お問合せ