主にラーメン こってり系からあっさり系まで

主に岩手・秋田・青森 北東北3県のラーメンのことをメインに書いていきます。

『513(go-ichi-san)』⑤ 元日限定「肉そば22」 岩手県盛岡市本町通






2022年1月1日。



二年連続、自宅で迎えるお正月。






コロナ禍前はほぼ毎年、オイラの実家がある埼玉の県北で年越しをしていた(ヨメはパートのため、一人で年越し)。


ムスメ達は原宿や新大久保に行けるので、お盆と正月は楽しみで「ココとココ行きたい」などと話していたもんだ(遠い目)。。




節約のためクルマでの移動。実家に到着すると、真っ暗。


実家に帰省した日は「サイゼリヤで夕飯」が、コロナ禍前の数年の行動だった。



未だに岩手県に「サイゼリヤ」はないが、秋田市にサイゼリヤが出来ると聞いて「負けた」と思った。オイラ以上に子ども達が「なんで???」とオイラに問い詰める。知らないよ。。。



都会の方、サイゼリヤがなくて渇望している田舎があることをご承知おきください。








さて、元旦のこの日は盛岡市本町通のラーメン屋さん「513(ゴイチサン)」さんを訪問。





店主様のTweetと他の方々のTweetの写真見たら、行かないワケにはいかない(`・ω・´)








入店すると目に入る券売機脇のホワイトボード。


辛ネギに変更可能です


よし、辛ネギに変更しよう!!







この日の注文。


肉そば22(元日限定) 1,000円

おつまみセット 300円




ワンオペ故、ラジオ聞きながらしばし待つ




食券渡す際、
「ニンニク入れますか?」


「はい!」




オーションと春よ恋の小麦粉


やべ、食券渡す際に「辛ネギお願いします」って言うの忘れた😭





途中で他の客への提供のため、カウンターに出てきた店主様へ「す、すいません。辛ネギに変更していただいてもよろしいでしょうか?」



「大丈夫です」



(ありがとうございます😢)





着丼





横から

左奥の袋は「おつまみセット」。

辛ネギ、ブタのビジュアルでテンションが上がる♪♫






180度回転。

味玉~~♪♫





辛ネギをずらす。

牛すじが露出♪♫

しかもいっぱい入っている😊




●スープ:


辛ネギを浸す前に、まずはスープを堪能。乳化系。トロ~~っとしている。






牛すじ

甘めの味付け。トロトロだ😋






モヤシも出てきた

「513」さんの場合、モヤシは「クタ」がデフォ。






ザツに天地返し

辛ネギがら出てきた辛さが出てきた。





●麺:

ワシワシではなくややモッチリ。もともと公式のTweetで「中太麺」と謳っていたので、違和感はない。

「513」さんは二郎インスパイア店のため。極太ワシワシ麺もある。



極太ワシワシ麺でも堪能してみたい。






ブタ





ヤサイ

クタ気味





再度スープ



ブタの厚さ




牛すじ




辛ネギ

中盤でオイラは汗ダクだ。





ブタの量も多い








味玉

黄身部分の塩分が濃いめ。




ごちそうさまでした。





卓上調味料




メニュー(写真)





1月1日限定メニュー




他に限定メニュー





券売機(メニュー)

※前回訪問時の写真を流用





【店舗情報まとめ】

●住所:〒020-0015 岩手県盛岡市本町通1丁目17−1
●営業時間:
【朝】7:00~10:00(土日祝のみ)
【昼】11:30~14:00
【夜】17:30~21:00、金曜日のみ夜は23:00まで

※土日祝、夜営業ナシ

●定休日:月曜日
●席数:カウンター 7、テーブル1(窓向き 2か3席)
●精算:券売機、現金のみ
●駐車場:なし。近隣に有料駐車場多々あり。




地図






営業時間、定休日






テイクアウトのおつまみセット」。










黄身を割ってみた。





外観








一言コメント:



・最新情報は公式Twitter参照。頻繁に限定麺を提供している。全ては公式Twitterで発信している。



・定期的に提供される限定麺「牛スジカレーまぜそば」。どうしても一度はいただいてみたい。。めちゃくちゃ魅力的。ただタイミングが合わない。。



・そういえば。。。ニンニク、なかった。。まぁ、仕方ない。オイラ、急に「辛ネギ」に変更したし。。








前回訪問レポ
harusakikai.hatenablog.com









それではまた!

プライバシーポリシー お問合せ