主にラーメン こってり系からあっさり系まで

主に岩手・秋田・青森 北東北3県のラーメンのことをメインに書いていきます。

『大安ラーメン』「とんこつ+替玉」秋田県秋田市大町





皆さんこんにちは!











4月中旬のこの日は秋田市内に宿泊。






「夜ラー」は極力避けるようにしているが、部屋飲みしていたらラーメン食べたくなった!



たまに禁断症状が出てきてしまう( ̄▽ ̄;)






で川反付近を徘徊し、行ったのはとある店。



まずはそのラーメン屋さんでペロリと一食。入店から退店まで、客はオイラ一人だった。






「まだ物足りない。。」と思って、フラフラしていたら「ラーメン」のノボリ発見( ̄ー ̄)ニヤリ



調べてみるとお酒を注文せず、ラーメンだけでOKみたいだ🙌








で、二軒目に訪問したのが「大安ラーメン」さん。




扉を開けたら、コチラも客は誰もいない。結果「大安ラーメン」さんもオイラが入店から退店まで客はいなかった。



GWに突入した今は、けっこう賑わっている大町・川反界隈かもしれないが、4月中旬の平日はけっこう寂しい状況だった。









この日の注文。




とんこつ(醤油) 890円



当たり前だけど、一人でラーメン屋さんに入った場合は無口。




そんなオイラに対して着丼待ちの間、店主様が話しかけてくる。


お話し好きな店主様なのかな。



オイラは宿泊先の部屋で酒飲んできたので、話しかけられると饒舌になってしまう🤣







着丼

白さ際立つスープ♪♫





●スープ:

トロ~リ、クリーミー😍

白さ際立つ。


ニオイはあまり獣臭さを感じないが、しっかり感じる豚骨。見た目とウラハラに、ややスッキリさもある。


ニンニク入ってたかもしれないが、酔っ払っていたので忘れた( ̄▽ ̄;)






チャーシュー




●麺:

極細のストレート。博多豚骨にありそうなタイプ。

店主様とけっこう話しながら食べていたからか?食感はややヤワめ。


何も話さずにいただいたら、麺の硬さは違っているかも?と思いながらいただいた。



でも店主様との会話が楽しいからいいか。


酒を注文していないのに、こんなにお話しさせていただいてスイマセン🙇





あとはほぼ写真のみでお楽しみください。





チャーシュー




メンマ




玉子




替玉


※メニューにはないが「替玉できますか?」と聞いたら、普段出してないっていってたような気がしなくもない。


忘れた( ̄▽ ̄;)


一応「バリカタ」を依頼したはず。





替玉の麺

1杯目と同じ麺かな?

コチラは博多豚骨で替玉を注文した時のようなバリカタの麺。



オイラ、こっちの方が好みかも🥰






ごちそうさまでした。



スープ、しっかり豚骨だがけっこうスッキリ。気づいたら罪悪感を感じず、ここまで飲んでいた。








卓上調味料など





メニュー①




メニュー②

ドリンクメニュー




メニュー③




メニュー④




メニュー⑤





【店舗情報まとめ】

●住所:〒010-0921 秋田県秋田市1 大町5丁目1‐23
●営業時間:聞くの忘れたが、深夜のみっぽい
●定休日:不明
●席数:カウンター 6、4人掛け小上がり 2、4人掛けテーブル 1、6人掛け小上がり 2
●精算:後払い
●駐車場:なし



地図












外観






店主様といろいろ会話した中で、いくつか共有しておきたいこと。


週末だっけ?一部スーパーマーケットの駐車場にキッチンカーを出している時があるみたい。夜営業の商売は、このご時世キビシイとのことで。。




※店主様はSNSなどを全くやらないらしい。

オイラがSNS、ブログやっていることを言ったら店主様のスマホ画面の写真を撮る展開に。「宣伝してほしい」的な感じで受け取ったのでとりあず撮った。





どれほど効果があるか不明だが、秋田市大町「大安ラーメン」さんは潟上の「ザ・ビッグ」や「テラタ」で、キッチンカーを出店しているとのこと。

※ラーメンではない。

看板に出ているのは「ロングポテトフライ」。



他にもたこ焼き。



たいやきなど。



オイラのブログ、Twitter見てきましたと言っても、特にサービスはない( ̄▽ ̄;)






一言コメント:



・替え玉入れての総支払額は1,080円だった。よって替玉は190円だと思う。違ってたらごめんなさい。



・場所柄、駐車場がないのは仕方ない。ランチ営業していたら、普通に定期的に通うであろう、クリーミーなとんこつ。



・フランクな店主様。ラーメンだけでもそれほど気にせず入れる(少なくともオイラはそうだった)。







それではまた!

プライバシーポリシー お問合せ