主にラーメン こってり系からあっさり系まで

主に岩手・秋田・青森 北東北3県のラーメンのことをメインに書いていきます。

『町のらーめん屋 織しげ』「らーめん(細麺)+背脂トッピング+チャマヨ丼」’22年7月7日オープン 秋田県大館市

皆さんこんにちは!





7月も下旬に差し掛かりつつあるこの日は、秋田県大館市の「町のらーめん屋 織しげ」さんを訪問。



グランドオープンは2022年の7月7日。

6月28日から「プレオープン」としてメニュー絞って営業開始。


最初はTwitterかブログまとめサイトで新店オープンを知ったお店。


オープンしてから1ヶ月も経っていないのに訪問できた😄






この日の注文。

らーめん(並)細麺 650円


※細麺と太麺からチョイス

背脂トッピング 無料

チャマヨ丼 200円









着丼

センターにはナルト。





ラーメンどんぶりをちょっと回転。





背脂

オイラがイメージする「背アブラ~~!」とはちょっと違う。

赤身の部分もやや付いていて、食感は「トロける」とうより気持ち食感あるタイプ。





チャマヨ丼到着





全景





具をずらす。





●スープ:

レンゲですくったスープの色が部分的に違うのは、光の関係。

香りはほんのり煮干しと魚介系。

スープ飲んでみる。主張しすぎない煮干しと、あっさりした魚介系🥰

気持ち甘めに感じる。まろやか系の醤油か?


動物系が入っているか分からないが、スープ見る限り少なそう。


全体的にあっさり・シンプルで、極端に言うと「毎日飲んでも飽きの来ないスープ」と言ったところかと思われる。


「昔ながらの中華そば」を意識させつつ、「イマドキの中華そば」っぽい味わい😋





●麺:

後掲しているが、同じ大館市の企業「大館麺類センター」さんの特注麺とのこと。

中細のやや縮れ。食感はしっかりめ。食べ進めていくうちに、麺がスープを吸って、気持~ちしっとり柔らかになっていくタイプ。






チャーシュー

着丼時には3枚だと思っていたが、4枚か?





チャーシュー、箸で持ち上げる

チャーシュー、しっかりめ食感

モモっぽい見た目。食感は歯で噛み切るタイプ。薄めなので簡単に噛み切れる。






背脂

こういう背アブラ、初めてだ。

ホント、食感ある😲





麺とネギ





メンマ




麺とチャーシュー





再度背脂






チャマヨ丼

ほぐしチャーシューいっぱい🤩


表面にあるチャーシューをずらすと、海苔が敷き詰められている。




ミニ丼のほぐしチャーシュー

具は他に青い葉のようなものが入っていた。






再度スープ

美味しいが、この辺で塩分濃度の蓄積がけっこうくる。





ごちそうさまでした。






卓上調味料など

「油そば」も提供しているから?

麺類のメニューが「らーめん」と「油そば」のみの割に卓上調味料は豊富。





券売機(メニュー)






券売機の上にあるホワイトボード

右上に「期間限定」のボタンがある。落ち着いたらそのうち限定メニューを提供する予定なんだろうね。


オイラ訪問時は品切れだったが、「たかしSP(チャーシュートッピング)」が気になる。。





卓上メニュー





カウンターにあるアクリル板

「織しげのご紹介」と「油そばの食べ方」。







【店舗情報まとめ】

●住所:〒017-0828 秋田県大館市向町19
●営業時間:10:00~14:00
●定休日:日曜日、他に月一回不定休あり
●席数:カウンター 6,4人掛けテーブル 1
●精算:券売機 現金のみ
●駐車場:8台(場所後述)





地図






営業時間、定休日など





駐車場情報

「織しげ」さんを背にして、隣がファミマ。更にファミマの隣の隣に、小さく駐車場の看板が見えてくる。






駐車場の案内

背中にファミマ。確かココ、昔は「サンクス」だった。





駐車場の看板








駐車場を背後。まっすぐ歩いて「織しげ」さんへ。






外観






一言コメント:



・公式SNSはインスタを利用。更新頻度は高くなさそうだが、直近だと「7月26日10:00~11:00、油そば注文の方に生卵無料」を実施。定休日が日曜日以外に月一回不定休あるので、たぶんインスタで告知するんだと思う。



・ラーメン自体のお値段、リーズナブル。ミニ丼も200円とは思えないコスパ😲



・オイラの個人メモ:次回訪問時は「油そば(大)、生卵トッピング+チャマヨ丼」。




それではまた!

プライバシーポリシー お問合せ